> アクセスランキング

小学生の頃の性的いじめ

ここでは、「 小学生の頃の性的いじめ」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

最近いじめが問題になっていますが、もう15年くらい前ですが、僕も小学生の頃いじめられていました。
家の教育方針で、冬でも下は体操服の短パンで学校に行かされていました。
当時はまだハーフパンツとかではなく、裾の短いニット短パンで、もちろん白のブリーフでした。
クラスの3人の男子から、最初は廊下や教室で短パンを下げられたり、相撲やプロレスごっこで、短パンの裾を引っ張られてパンツ丸見えの格好にさせられていました。
ズボン下げなんかは毎日何回もやられ、クラス中のみんなに毎日パンツを見られていました。
大人しい性格だったせいか、反抗できずにいたため、だんだんといじめがエスカレートしていき、授業中に隣りの男子からパンツ見せろとか、体育の時ずっとパンチラさせとけとか命令されるようになってきました。
最初はすごく嫌でしたが、日がたつにつれそれがだんだんと快感に変わっていき、人に自分のパンツを見られていると思うと興奮するようになっていきました。




いじめっ子の家に呼び出される時は、どんなに寒くても半そで短パンの格好で呼び出されました。
いつも家で短パンやブリーフを無理やり脱がされたり、股間を弄られてみんなの前で射精させられたこともありました。嫌がってはいたものの、内心はすごくうれしかったです。
また外に連れ出され、あそこを勃起させられたまま買い物させられたり、店を出る時短パンを脱いで出て来いと命令させられたりしました。
小6で射精管理させられたのも僕くらいしかいないかもしれません。
お願いして許しがあると、いじめっ子が抜いてくれました。
この頃には完全に3人の奴隷となっていました。
学校に行くとまず3人のいじめっ子の前で短パンを下ろして、ブリーフのチェックをしてもらいます。
パンチラは当たり前で、少しでもしていないところを見つかると学校の帰りにひどい仕置きがまっています。
ある日は「今日は3回パンチラしてなかったから電柱3本分フリチンで歩け」と命令させられたこともあり、短パンとブリーフを足首まで下げられて歩かされました。
ある日学校でいじめっ子の一人が家のタンスから、低学年の時履いていた体操服の短パンを見つけたみたいで、今日はこれを履けと言ってきました。
トイレで履いてみると、きつきつで自分の履いているブリーフよりも布の面積が小さく、どうやってもパンチラしてしまいました。
それも半端な量のパンチラでなく、一日中後ろの視線が気になりました。
いじめっ子も気に入ったみたいで「今日から毎日それを履け」と命令されました。命令には逆らえず、家に持ち帰って親にばれないように週末洗濯したことを思い出します。
関連記事


関連タグ : いじめ, 露出, 射精管理,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する