> アクセスランキング

中学時代、僕は性的いじめにあっていました4

ここでは、「中学時代、僕は性的いじめにあっていました4」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

その3はこちら

その日は、それぞれ部活を休み、人が来る事のない屋上への階段の踊り場に僕
を連れていきました。

着いて早々に、僕の体へ人気グループの人たちの手が伸び、僕の服を脱がし始
めました。
放課後という終わりのチャイムがない時間の始まりと、誰も来ない場所で僕が
裸にされる事は決まっていて、トイレで脱がされたような手足を抑える役割分
担などはなく、僕は少しづつ、そして乱暴に脱がされていきました。




残されたのは白い靴下と、そして、白いブリーフだけになると、僕はパンツの
ゴムのところを強く強く握りしめ、下手に動かない方が脱がされないと思いま
した。
事実、人気グループも苦戦していました。
それでも人気グループの手は色々な角度から僕へ伸びてきました。
僕のあそこを必死に隠そうという意識に目をつけられ、おしり側を下げられ僕
のおしりはみんなの前に晒されました。
「お前のちんこはさっき見たから、今度はケツ見てやろうか笑ケツっていって
もケツの穴まで見るけど、まだ抵抗すんの?」
僕は頭が真っ白になり抵抗をやめました。
「ケツの穴、人に見せるとかありえねーよな笑。よし、抵抗やめたんなら、自
分からパンツ脱げよ」
僕は言われた通りグループの前に立たされ、自らパンツに手をかけました。
しかし人前で自分から裸になる勇気が出ず、それがまた、グループの怒りをか
ってしまいました。
しびれを切らしたひとりが僕を殴ろうと拳を振り上げたところで、僕は完全に
びびってしまい
『脱ぎますから、、、殴らないでください、、、』
同級生相手に敬語でお願いをしてしまいました。
「笑、何を脱ぐって?」
『、、、パンツ、、、』
「「お前のはブリーフな笑 言い直せよ」
『、、、ブリーフ、、、』
「「ブリーフを何だって?」
『脱ぎます、、、』
「脱いでどうすんの?」
『、、、、、』
「見てくださいだろ?笑」
『、、、見てください、、、』
「何を?笑」
『、、、あそこを、、、』
「あそこって?」
『、、、おちんちん、、、』
「久しぶりにその言い方聞いたわ笑、お前生えてねーし確かにおちんちんって
感じだわ笑笑」
「最初からちゃんと言えよ」
『、、、ブリーフ脱ぎますから、、、おちんちん見てください、、、』
そして僕は勇気を出して、パンツをみんなの前で脱いで裸になり、靴下を片方
脱いだところで、床に抑えつけられ、足を開かれ、あそこを観察されました。
「お前の生えてねーし、ほんと小っちぇーな」
「小学生かよ笑」
散々観察され、馬鹿にされて
「じゃ、ケツの穴も見ようぜ笑」
『、、、約束が、、、』
「俺らにさからうの?」
と脅され、僕はおしりの穴も広げて観察され、寝かされた状態のあそこや、足
を開いて前屈の状態でおしりの穴と、あそこを同時に見られたりと、隅々まで
観察されました。


その5はこちら
関連記事


関連タグ : いじめ, 露出, ブリーフ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する