> アクセスランキング

中学時代、僕は性的いじめにあっていました3

ここでは、「中学時代、僕は性的いじめにあっていました3」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

その2はこちら

教室の後ろでゴムの色を確認されるのが、とても恥ずかしかったのですが、そ
れが大したことではないと思うようになってしまったのは麻痺というものなの
でしょうか。

そして場所がトイレに移り、パンツをしっかり晒させる人気グループたちも麻
痺していったのでしょうか。

僕に恥ずかしい思いをさせる行為はエスカレートしていきました。




羽交い締めされながら体操服の裾をくわえさせられ、ジャージは足首までおろ
された状態で残りの5人が僕を正面から観察していました。
すると1人が一歩前に出て、僕のパンツのゴムに手をかけました。
その手はゆっくりと下げられ、グループは盛り上がっていきました。
僕はパンツまで脱がされるわけにはいかないと思って体操服の裾をくわえたま
ま首を横に激しくふりましたが、その手は少しづつ下げられていきました。

「こいつ、生えてると思う?」
パンツを脱がされると確信した僕は羽交い締めをふりほどき逃げようとしま
した。しかし足首にあるジャージが邪魔で逃げる事なんて出来ず、逃げよう
とした事で怒りをかってしまいました。
「お前、何逃げようとしてんだよ」
グループの中でも一番怖い人におもいきり蹴られ僕はトイレの床に倒れてしま
いました。
「トイレの床とか汚ねー笑」
「このまま寝かせて手足抑えてパンツ脱がそうぜ」
「笑お前、手抑えろよ、右足はおれ、お前左足な笑」
完全に抵抗出来なくされて、再び、パンツに手がかけられました。
自分から生えてるかどうか正直に言えば脱がすのをやめてやってもいいと言わ
れましたが僕は中学生であるにも関わらず、声を出して泣いてしまいました。

そしてあそこの付け根までパンツをおろされた時
「こいつ、生えてねーよ!」
無毛がばれてしまい、そこから一気にパンツがおろされてしまいました。

そこでチャイムが鳴り、盛り上がっていたグループのテンションは下がらず放
課後、屋上への階段の踊り場に場所を変えて続きをやる事になりました。

その4はこちら
関連記事


関連タグ : いじめ, ブリーフ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する