> アクセスランキング

脱がしゲームの犠牲者はバスケ部のイケメン男子

ここでは、「脱がしゲームの犠牲者はバスケ部のイケメン男子」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

とあるグループがターゲットを決めて教室の真ん中で服を脱がすという
ゲームが流行っていた。
タイムリミットは10分で、どこまで服を脱がせるかのゲーム。
中には泣きながら全裸にされてしまうヤツもいた。

その日ターゲットになったのは同じクラスでバスケ部のイケメンK。
ターゲットは基本的に1日1人。最初の休み時間でターゲットにされたやつは
その日は1日中脱がされる対象だ。
Kもその日は朝から授業の合間の10分休みの度にターゲットにされていた。
ただ、10分だと激しく抵抗すれば上半身までしか脱がされることはない。
問題は昼食後の昼休みだ。




Kは昼休みはいつも体育館でバスケの練習をしているんだが、
その日はKが食べ終わるのを待ち構えてたグループの4人がすぐに捕まえて、
ゲームが再開された。
昼休みは残り30分だ。
いつものように3人で手足を押さえつけ、残りの1人が一気に脱がしていく。
だが、Kも体は大きい方なので抵抗も結構激しく、脱がすのにてこずっていた。
しかし、Kが脱がされていることを聞きつけて、
他のクラスの人までやってきてしまった。
Kを押さえつける人が増えてしまったのだ。

「やめろ!離せー!」Kは慌てたが、時すでに遅し。全く身動きが取れなく
なってしまっていた。
Kはあっという間にパンツ一丁にされた。パンツは紺のボクサーパンツ。
昼休みなので教室には女子も数人いた。パンツ一丁で多勢に
押さえつけられてる姿を異性に見られるなんて、、、

だが、Kの屈辱はこれで終わらなかった。脱がし役の1人が
Kのパンツに手をかけた。ゆっくりと焦らすようにおろしていく。
まず陰毛の生え際が露わになった。Kは「お願い…勘弁して」と
泣きそうになりながら懇願する。
しかし、それとは反対にKを押さえる男子から脱がせコールが始まった。

3!2!1! ~~~ю*(/>.<)/ ポロン
Kの姿はまさに生まれたまんまの格好だった。
脱がされた瞬間は教室中が静まり返った。が、それも束の間、
今度は大歓声の嵐だった。「キャーキャー」という女子の嬉しそうな声や
男子の大爆笑。そして、一斉に写メを撮る音で賑やかだった。
Kは手足を8人くらいに押さえられていた。もう抵抗もしてなかったが。
目には涙を浮かべていたが、顔を隠すこともできず悲惨極まりなかった。

だが、脱がし役の子は「おい、まだ15分あるぞ!」と言い出した。
この状態でやられることと言ったら一つしかないのだが、、、
「よーし、Kをイかせたろ!公開オナニーショーや!」
またも大歓声があがった。さすがにヤバイと思ったのか
Kも必死で嫌々をしていたが、このノリを誰も止めることはできなかった。
むしろみんな加担していた。
早速リーダー格の子がシゴキ始めた。
さすがに、素手で触るのは嫌だったのだろう。ティッシュを手に持って
その上からシゴいていく。まるで、汚いものを触るように。

Kのちんちんは正直小っちゃくて、縮こまってたのかもしれないが、
7cmくらいだった。それに皮も丸被りの包茎だった。
「Kのちんちんお子ちゃまだなぁ!(笑)」みんな爆笑だった。
勃つのに時間はかからなかった。
MAXで11cmくらいだろうか。
しごくスピードがどんどん早くなった。Kは目を瞑ってイクのを堪えている。
「いーけ!いーけ!」
みんなのコールが激しくなった。気づけば女子も一緒にコールしてる。
その時、すでに授業が始まるまであと10分を切っていた。
「…うっ……イクッ…」
Kがかすかな声でそう言ったのとほぼ同時に彼は果ててしまった。

「うわぁ汚ねぇ、手についちまった」
イカせたやつはそう言って、手についたKの精液をわざとみんなに見せつけた。
Kは泣いていた。そこにいるのはいつものようにカッコいいKではなかった。

「おい!あと3分で授業始まるぞ!」
脱がしのリーダーの声でKはやっと解放された。
Kは心身ともにズタズタだった。
拭き取ることもせず、ただ気力だけで制服を着てKは教室を立ち去った。
だが、クラスメートは興奮に満ちていた。
結局、その日Kが戻ってくることはなかった。
関連記事


関連タグ : いじめ, 射精, 露出, CFNM, 包茎,

コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/03/25(日) 23:45 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する