> アクセスランキング

中学時代のいじめの話

ここでは、「中学時代のいじめの話」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

自分も何回もオナニーやらされましたが、見られているので緊張して全然射精できませんでした。

射精できない罰として、未だ皮がかぶってる亀頭を無理やり皮をむかれて亀頭にデコピンされたり、亀頭にマジックでバツ印を書かれました。

皮をむかれて空気に触れるだけで冷たくて痛いのにデコピンなので泣きそうでした。




マジックのバツ印は風呂で洗おうとしても痛くてこすれないので洗えずそのままにしてました。

しかし、また何日か後にオナニーやらされて、未だバツ印が消えていないのが見つかってしまい、消してやると言われて亀頭をタワシでこすられそうになりました。

必死で手で押さえて土下座して何でもするからといってタワシでこすられるのを許してもらいましたが、その代わりにA君の家にあった家庭用バリカンで坊主にさせられました。
バリカンだと少し長さがあるので、さらに電気カミソリでほぼスキンヘッドに近い坊主にさせられました。

最初中学2年の1学期に坊主にされたのですがその後も髪の毛は伸ばさせてもらえず、約2年間ずっと一番短い坊主(ほぼスキンヘッド)にさせられました。

自分の中学は野球部などでも坊主ではなく、学校に坊主の生徒はほとんどいなくて、スポーツ刈りもほとんどいませんでした。だからすごい目立って、学校中で「ハゲ」と言われて有名人でした。

同学年でなくても「ハゲ」といえば自分だとわかるくらいでした。

そのため、学校帰りに四つんばいにされてヒモを首輪みたいにつけられて犬にされたりしているのもすぐに誰だかわかり、「昨日はハゲが犬にされてた」とか言われてました。
関連記事


関連タグ : 公開オナニー, 坊主, 露出, いじめ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する