> アクセスランキング

パンツ1枚で授業を受けさせられた

ここでは、「パンツ1枚で授業を受けさせられた」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




小学校5年生の時の担任は、水泳の授業で水着を忘れた時も、パンツ1枚で授業を受けさせられました。
水着を忘れると、罰としてパンツ1枚でグランドを10周走らされ、その後、プールサイドをうさぎ跳びで5周、それが終わると授業が終了するまで、パンツ1枚のままプールサイドに正座させられました。
その日は、朝からどしゃぶりの雨で今日のプールの授業は絶対にないと思い、水着を持ってこなかった子が僕を含め10人程いました。
ところが、プールの授業の時間になると嘘のように雨も上がり晴れてきました。




僕達10人は真っ蒼です。
担任に水着を忘れた事を報告に行くと、「水着を忘れてきた者、今すぐパンツ1枚になれ!」と言われました。
僕達10人、クラス全員の見ている前でパンツ1枚になり、グランドへ降りて行き、グランドを10周した後、プールサイドへ行き、うさぎ跳びをはじめます。
うさぎ跳びを終えた頃、他の子達が水着に着替えてプールサイドに来ます。
その後、他の子と一緒にパンツ1枚で準備体操をさせられ、水泳の授業が始まるとプールサイドに正座をして反省させられます。
プールサイドでの正座は、教室での正座と違ってコンクリートの上なので足や膝がもの凄く痛くなり大変です。
でも、足をくずすと担任の怒りにふれ、手加減なしのビンタだったので、みんな必死で我慢していました。
だから、水泳の授業が終わる頃には足が痛いのと、痺れで立つことができないくらいでした。
中には、足や膝を擦り剥いて出血している子も何人かいました。
今ではありえない罰でしたが、当時は当たり前のように行われており、水着を忘れてきた男子が、大きく膨らみかけたおちんちんをブルン、ブルン揺らしながら、素っ裸でグランドを走ったり、プールサイドをうさぎ跳びさせられることもありました。
古きよき時代にあった本当のお話です。
関連記事


関連タグ : 体罰, 露出,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。