> アクセスランキング

体操服にぶっかけられて

ここでは、「体操服にぶっかけられて」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




生まれつき身体が小さく小学校の頃はチビとからかわれていました。

中学生になり身の丈に合わない学生服を着ていて色んな先生に、服に着られているぞ。とかも言われていました。
ある日、体育の授業で足を怪我してしまい、体育の先生に抱えられそのまま保健室へ連れて行かれました。
先生は僕とは違いとても大きく逞しい身体でした。

保健室へ着いたが保健室の先生は出張で不在でした。
仕方なく体育の先生が消毒液と絆創膏を用意してくれ傷の手当てまでしてくれました。
そこで先生は僕に「細い足だな」と言われ僕は身体が小さい事を言われたと思い怒ってしまいました。




だけど先生には小動物が吠えている用にしか映っていなくてからかっている間にヨシヨシと頭を撫で始めました。
更に怒った僕は、その場から去ろうと立ち上がった時、怪我した足が疼いて倒れてしまう。
その時変な声を出してしまい先生が「お前可愛いな」と言って僕を見ていました。
倒れた僕を更に押し倒し顔を見ながら体操服を捲られ手で乳首を摘ままれました。
何が何だか分からないまま先生のされるがままに身体を任せて近付いてきた顔を見てようやく我に返り先生を突き放そうと暴れました。
しかし非力な僕は先生の片手で両手を押さえられ、片方の手がズボンの中へ入っていきました。
まだ毛も生えていない僕のあそこを触って「ツルツルだね」と言い愛撫してきました。
人に触られたことも無く初めての感覚に甘い声が漏れてしまう。
完全に勃起したあそこを触られながら先生は「気持ちいいだろ」と言い、正直な僕は頷いてしまう。
次第に抵抗する気力もなくなり両手は解放された。
先生は僕に「もっと気持ちよくして欲しいか」と言われ素直に頷く。

先生に抱えられベッドへ運ばれました。
体操ズボンを下ろされ露わになった僕の下半身は一部分だけ強調されていました。
恥ずかしくなり枕で顔を隠したらあそこから強い刺激が伝わってきました。
顔をあけてみると先生の顔が僕のお腹にくっ付いていました。
僕のあそこは先生の口の中でねぶられ余りの気持ちよさに直ぐに出てしまい、まだ手でしかしたことなかった僕は物凄い喪失感に浸ってしまいました。
だけど先生はそんな僕に容赦せず、口に含んだドロドロの精液を手に出し僕のお尻の穴に塗り始めました。
太い指が穴の中へ入って行き、射精とは違う感覚が下半身を襲い、思わず声が出てしまう。
「ここ、こうされるのが気持ちいいんだろ」とお尻の中で指を動かされながら悶えてしまう。
再び勃起したあそこは透明な液でビチョビチョになっていた。
身体全体に走る電気のような感覚が次第に強くなり汗だくで足は痙攣し2度目の絶頂をしてしまった。
上を向いたあそこから放たれた精液は僕の顔まで届き体操服は白い液で汚れて次第にしみへと変わってしまいその時は喪失感が無かった。

先生はズボンを脱ぎ捨てトロトロになった僕のお尻の穴へおちんちんを当ててきました。
先生のおちんちんは僕の穴をとらえ、ゆっくりと僕の中へ入ってきた。
先生のおちんちんは大きかったが太くはなく痛みは無かった。
脚を折りたたまれ僕の恥ずかしい姿を見ながら先生は腰を動かし始めた。
先生の先っぽが僕の一番弱い部分に当たり枕で喘ぎ声を消していた。
萎えを知らない年頃の僕はまた直ぐに勃起してしまい、小さい僕のおちんちんを先生は扱き始めた。
裏と表の激しい快楽に僕の顔は汗と涎でグチャグチャだった。
おちんちんが僕の前立腺を突く度に逝ったような感覚が何度も何度も襲う。
僕のおちんちんの先からは透明な汁が糸をひいて、お尻は愛液でビチョビチョになっている。
今までと違う感覚が強くなり体が震え出す。怖くなり先生に「いやだ、身体が変だよ」と言うが先生は「大丈夫、そのまま逝くんだ」といい腰を動かし続けられ汗だくになり半泣きになりながら迫ってくる快感の波にのまれ今まで感じたことのない絶頂を迎えてしまう。
先生は変わらず腰を動かし続け、逝ったばかりの僕は絶頂のループにはまってしまう。
先生の腰の動きが速くなる「もう逝くぞ!」と言い勃起した僕のおちんちんを扱き始めた。
僕のおちんちんに快感がたまり同時に前立腺にも快感がたまる。先生が僕のお尻に腰を打ちつけ逝ったと同時に僕も身体をビクビクさせながらおちんちんとお尻で逝ってしまった。
薄れる意識で先生は僕に何か言った気がした。
関連記事


関連タグ : ホモ, ゲイ, アナルセックス, 射精, 先生, 体操服,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。