> アクセスランキング

援助交際中学生の話

ここでは、「援助交際中学生の話」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




これは中1の夏休みのことです。
もう20年以上前になります。

小学生から中学生になると、一気に世界が広がったように見えました。
中学生活初めての夏休みということもあり、駅前のセンター街まで自転車で行くことにしました。
親の車で何度か行ったことはありましたが、一人で・・しかも自転車で行ったのはその時が初めてでした。




しばらくセンター街をウロウロしてると、突然声を掛けられました。
声を掛けてきたのは大学生ぐらいの男の人で、「君、簡単なバイトしてみない?」という話をされました。
自力で稼ぐ手段の無い中学生なので小遣いは欲しかったし、当時は今ほど他人に警戒感を持つような時代ではなかったので、あまり深く考えずにOKしてしまいました。

僕はその人の車に乗り込み、バイト先まで移動することになりました。
途中、思い切って「どんなバイトなんですか?」と聞いてみたら「みんなと楽しく遊ぶだけだよ」と笑顔で返され、それ以上は聞けませんでした。
どこをどう走ったのか覚えていませんが、しばらく走ってマンションみたいな所に入っていき、マンションの1室に案内されました。
その部屋には、同じ大学生ぐらいの男の人が4人ぐらい集まっていました。

「じゃあ早速だけど服脱いでくれる?」
急にそう言われて少し焦りましたが、大学生数人に囲まれて逆らうことも出来ず、言われた通りに服を脱ぎました。
「君、何年生?」「オナニーしたことある?」そんな世間話のような質問攻めに遭いながら、男たちは僕の体を隅々まで観察してきました。

しばらくそうしていると今度はベッドに寝かされ、男たちが代わる代わる、僕のチ○コをしゃぶったり扱いたり、乳首をクリクリされたり、口にキスされたりしました。
どれぐらいそうしていたか分かりませんが、しばらくすると「そろそろ終わるか」と誰かが言い、バイトは終了したようでした。
僕は再び、男の人の車で駅前まで送ってもらい、バイト代として封筒に入った5000円を貰いました。
「今日はどうもありがとね」
そう言い残して、男の人は去っていきました。

写真を撮られたわけでもなく、痛いことをされたわけでもなく、あの男たちの集団は一体何が目的だったのか、今も分からないまま中1の頃の思い出として僕の脳裏に刻まれているのです。
関連記事


関連タグ : ホモ, ゲイ, フェラ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。