> アクセスランキング

兄への羞恥罰8

ここでは、「兄への羞恥罰8」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

7はこちら

兄の話は俺の小学校でも広まりました。そうなると俺も無傷ではいられなくなりました。

始めのうちは兄のことで悪口を言われる程度だったのですが、やがて上級生たちから「お前も裸になれよ」とか言われるようになり、そして実際に服を脱がされるイジメへと発展しました。

最初は上級生たちしかいない場所で脱がされたのですが、何度目かには俺の教室にわざわざやって来た上級生たちに、無理やり同級生の前で裸にされました。




兄のように勃起もしませんでしたし毛も生えていませんでしたが、性器を女子の前で披露させられたのは、やっぱり辛かったです。

ただ、俺の同級生がすぐに先生に知らせに行ったので、そのイジメは短時間で終わり、後で上級生たちはこっ酷く叱られたようで、それ以降は学校内で脱がされることはありませんでした。

ですが、上級生たちの恨みを買ってしまった俺はその後も連中に捕まって、公園などで殴られたり脱がされたりするようになりました。

上級生たちは陰険で、わざわざ俺の下校ルートで待ち伏せして、俺が通り掛かるのを待っているのです。

そんな上級生たちに俺が路上で捕まっている、ちょうどその時、兄が通り掛かりました。

俺は兄に助けを求めました。いくら気弱な兄とはいえ、上級生たちはまだ小学生で、兄は中学生なのです。

上級生たちの人数だってそれほど多くはありません。兄だって本気を出せば、なんとか出来る範囲だったはずです。

だけど兄は俺を無視しました。気づかなかったはずはありません。黙って俯いたまま兄は通り過ぎて行きました。

日頃のことで兄に恨まれていたのかもしれません。ですが、まだ子供だった俺には「裏切り」としか受け取ることが出来ませんでした。

なので俺はその日にあったことを、そのまま父に話しました。教室で脱がされた時の話をしている時の俺は、悔しさで泣いていたと思います。

話が終わると父は兄を呼びつけて「お前は卑怯者だ」と殴りました。そして最後に父は兄に、俺をイジメた上級生たちのパンツを奪って来いと命令しました。

要は連中とケンカでもして裸にさせたうえで、その戦利品を持って来いというわけです。

結論から言いましょう。兄にそんなことは無理でした。当然です。

それでも兄は、俺の上級生たちと向かい合うところまでは行きました。父の命令でしたので、兄としてもそこまでは勇気を振り絞ったのでしょう。

だけど次の瞬間、兄は連中に「パンツをください」と土下座したのです。

その時の出来事を思い出すのも腹立たしいのですが、結局、逆に兄は連中にパンツを奪われました。俺のもです。

上級生連中は兄の性器とそこに生えた毛を盛んに話題にしていましたが、まだ自慰は知らなかったのでしょう。勃起させられただけで終わりました。

たぶん俺はあまりに悔しかったのでしょう。その日、父にどう報告して父がどんな反応をしたのか、よく思い出せません。

とにかく兄は父の罰を受けることになりました。それは兄が完全に俺の身代わりになることでした。

俺が家に連れて来た上級生たちの目の前で、兄は自ら服を脱いで性器を晒しました。「中学生のくせにプライドとかないのかよ」と笑う連中の前で、最後には自慰を披露し、射精までして見せました。

性に関心を持ち始めた上級生たちは大喜びでした。まだ毛も生えてない未熟な俺の性器より、兄の性器をもてあそぶ方が何倍も面白かったはずです。

その日以降、俺は上級生たちに絡まれることはなくなりましたが、たびたび兄はもてあそばれるようになりました。

一番ひどかったのが、小学校のグラウンドを兄が素っ裸で走った時です。しかも、その時は普通の授業中だったのです。

きっと、あらかじめ兄は連中に命令を受けていたのでしょう。とは言え、兄だって学校があったはずです。

それに、その全裸男の弟が俺だってことも同級生の何人かには知られてしまいました。

どうにか俺は同級生からのイジメは避けることが出来ましたが、さすがに兄の非力さには腹が立ち、呆れ果ててしまいました。

その時から、今日まで兄とはほぼ口をきいていません。絶縁状態です。

続きはこちら!
関連記事


関連タグ : いじめ, 露出, 射精, 公開オナニー, オナニーショー, 体罰,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する