> アクセスランキング

公衆浴場で変態レベルアップ

ここでは、「公衆浴場で変態レベルアップ」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

現在中学3年生のバイです。
二ヶ月前のあるの日曜日、家から数キロ離れた公衆浴場に行った。
割と駅から近く、平日でも人の利用が多い。

最近、自分の部活内で温泉が流行っており、自分も一人で行った。
が・・ これが自分が本格的にバイになるきっかけになってしまった。

その日は日曜日の夜だったので、大勢の親子連れやお年寄りの方々が来て居た。
受付で会計を事前に済ませ、長い廊下を通って男風呂の入口に入る。

以前からバイの気が有った自分は、ついつい周りの中学生の裸を凝視してしまって、風呂に入る前から半立ち状態だった。





ようやく風呂に入って、設置されたテレビを見つつ周りの裸を見ていると、一際目を惹くボディーラインの子(小学校6年生から中学生2年生くらいの)が目に入り、俺はその時点でフルボッキしてしまった。

暫くずっと見ていた為、何度か目が合ってしまった。その子はお父さんも一緒で笑いながら何かを話していた。

風呂から上がり、先刻の興奮を落とす為オナニーしようと更衣室内のトイレに駆け寄った時、肩を叩かれた。

ふと振り返ると、さっきの男の子が居た。

「ねぇ、さっき自分のことばっかジロジロ見てたよね?」と言われ、俺はそれを素直に認めてしまった。

そうしたら、男の子は「勃起してた事も全部知ってるよ。今からお口で抜いてあげる」と言われ、ゆっくりと俺のチンポをフェラし始めた。

これが中々上手くて、俺は公衆浴場という事も忘れ声を出して喘いだ。

強弱を付けながらジュブジュブとフェラされる内に、俺は20分でイってしまった。

俺が「ねぇ、君小学生?」と訊くと、「うん、そうだよ。小学校6年生。」と答え、笑った。

そして、「今度はお兄さんがフェラしてよ」といい、勃起したチンポを俺に突きつけた。

俺は居ても立っても居られなくなり、夢中で男の子のチンポを舐め回した。

お互いにシックスナインを繰り返すと、男の子が「そろそろ挿れていいよ」と行って来たので、即座に俺は応じた。

唾を彼のアナルに染み込ませる。俺が指を4本挿れても平気なので、これならいけると思い俺は思い切り挿入した。

実は自分は童貞で、こんな経験は初めてだった。パン、パン、パン!といやらしい音を立てながら腰を振り続け、ついに俺と男の子は同時にイった。

暫く呆然としていると、彼が、「僕のお父さん紹介するよ」と、彼のお父さんを連れて来た。

俺はお父さんの 張り裂けそうなビンビンの黒いチンポを見るなり、即座に飛びついてフェラをしてしまった。

その後彼のお父さんのアナルを隅々まで舐めた。

お父さんは二度もオナラをして肛門が臭かったが、それが逆に背徳感となってしまい、余計に興奮した。

最後は自分が男の子に挿入、彼のお父さんが大きなチンポを自分のアナルに挿入し、3Pです終わった。

その後は彼のお父さんの車に乗せてもらい、また男の子にフェラして貰いながら家に帰った。

現在、彼とは更に深い関係に堕ちた。

最近はお互いのアナルにバイブを突っ込んで見たり、ビルの陰で全裸で露出プレイをして5発中に出したりと、どんどん行為がエスカレートしている。

彼のお父さんとも、自宅に週一で来て貰い、フェラやシックスナインをしている。

・・挙句は彼の父親と自分の父親のボディーラインを重ね、チンポをフェラしてアナルを舐め回し、挿入する関係にまでなりたいと強く思い始めた自分である。
関連記事


関連タグ : ホモ, ゲイ, アナルセックス, 近親相姦, シックスナイン, 露出, 射精,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する