> アクセスランキング

息子はセックス依存症

ここでは、「息子はセックス依存症」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「ただいま」

玄関に入って呼びかけるが、返事はない。変わりに聞こえてきたのは、淫らな嬌声だった。

「あぁあっ! もっと、ちょうだいっ!! おチンポっ、ひぃいい!! イイッ、パパッ、もっとぉ、もっとぉ───ッ!」

息子の部屋から聞こえてくる淫らな声に溜息をつく。

また、どこからか知らない男を家に連れ込んできたのだ。




私は真っ直ぐに息子の部屋に向かうと、その扉を開ける。

すると、見知らぬ男が息子の上に馬乗りになって、腰を振りたくり息子の尻を犯していた。

「何をしてるのアナタ達っ!!」

私が怒鳴ると、くたびれた中年のオヤジは飛び上がって驚いた。

「うわっ!……こ、この子が私を誘惑したんだっ!! 私は知らないっ、私は悪くないんだ!!」

汚いペニスが息子のアナルから抜け落ち、中年オヤジは必死で言い訳した。

「どう言い訳しても、立派な犯罪よ。警察に突き出されたくなかったら、今すぐここから出て行って。二度と息子に関わらないで!」

するとオヤジは着るものを掻き集めて裸同然で部屋を飛び出した。

「チェッ、今からいいところだったのに」

中年の親父と違って悪びれる様子もなく、息子は吐き捨てた。

「貴哉、あれほど知らない人は家に上げないでって言ったでしょ!」

ただでさえ仕事から疲れて帰ってきているのだ。息子の放蕩ぶりにはうんざりだった。

「だって身体が疼いてしょうがないんだから仕方ないだろ。こんなオモチャじゃ、満足なんてできないよ」

そう言いながら、貴哉は醜悪なイボイボがついた極太の黒いバイブを手にするとスイッチをオンにする。

ウィンウィンと音を立てながら、グロテスクな擬似ペニスがクニクニとうねりだす。

すると、そのバイブを貴哉は股を広げ、私の見ている前で自分のアナルに埋め始めたのだ。

「あぁあっ……んんっ!」

ズブズブとバイブは簡単に貴哉のアナルに挿っていく。貴哉は快感に顔を歪ませて、バイブを抽送し始めた。

真っ赤に熟れたようなアナルは女性器よりも淫猥に見えた。

「やめなさいっ!!」

母親の目の前で恥じらいもせずオナニーをする息子に私は思わず手が出てしまった。

頬を叩き、バイブを取り上げる。

「何度言ったら分かるの、子供がこうゆうことするのは悪いことなの。貴方はまだ小学生なのよ。こんなことするよりも、友達と遊んだりゲームをするとか、もっと楽しいこといっぱいあるでしょ!」

すると貴哉は私を冷たい瞳で睨みつけた。

「そんなのつまんないよ。同学年のヤツなんかてんでガキだし、ゲームなんか所詮子供騙しだろ。そんなことよりセックスのほうがずっといいよ。気持ちいいし、なにより皆僕をチヤホヤしてくれるしさ。大の大人が僕の言うこと聞いて右往左往してさ、可愛いの」

そう言って貴哉はニヤリと笑う。

私はゾッとした。
息子の表情は性悪の女そのものの顔だった。

数ヶ月前までは、年相応の純真無垢な少年だったのに……。

ママ、ママとじゃれついてきた昔を思うと涙が出そうになる。

数ヶ月前に息子は誘拐されて、その間ずっと多人数の男達に犯され続けたのだ。そのせいでどうしょうもない淫乱にさせられてしまった。

最後に自分の父親にまで犯されて……。

その時のことは思い出したくもない。

「バイブ返してよ。じゃなきゃパパに会わせて。会わせてくれたら、もう知らない男を家に上げないし、ママの言うことも聞くから……ねっ、お願い!」

上目遣いでおねだりする息子は、まるで女そのもので私はどうしようもない嫌悪に襲われる。

「ダメよ、智則さんには絶対会わせないないわ。あんな、自分の息子を平気で抱くような外道な父親なんかに会わせられるわけないでしょ!」

「パパは外道なんかじゃないっ! パパは貴哉のこと誰より愛してくれてる。ママは僕に嫉妬してるんでしょ、僕の方がずっとパパに愛されてるから、自分が女として僕より劣ってるからって僕からパパを取り上げないで!」

息子の言葉も痛かったが、もっと痛かったのは貴哉の見下したその瞳だった。

頭が爆発しそうな怒りに、私は気づくと貴哉の頬を張っていた。

空気に響くような音に、私は思った以上に強い力で叩いたのを知る。

「どうして…どうして分かってくれないの。私はあなたのことを思って……」

自分の父親と愛しあいたいなんて異常だ。
私には、どうしても許されないことだった。

「わからないよ、こんなに辛いのに……それが僕の為だなんて、思えるわけないっ!!」

憎しみの籠った目で睨まれて、私は酷く動揺する。

「悪かったわ……手を挙げたりして…でも、私も貴哉のこと愛してるの……それだけは信じて」

私は逃げ出すように貴哉の部屋から飛び出した。
これ以上、一緒にいるのは私にも貴哉にとっても精神上よくないと思った。

疲れた……どうして、こんなことになってしまったのだろう。

きっと、智則さんと離婚して、周りも平常に戻れば時と共に元に戻っていくと思っていた。

それが随分甘かったと、今になってようやく身に沁みた。
時が経つにつれ、貴哉は私にどんどん反抗的になって、今ではもう手もつけれられない。

私は一体どうしたらいいのだろう……。


こんなこと誰にも相談できやしない。唯一それが出来るのは離婚した夫だが、私はどうしても夫が許せなかった。

誘拐犯に脅されたのだと彼は言ったが、ビデオの彼はまさしく雄そのもので、剥き出しの欲望で貴哉を抱いていた。自分だって、あんなに激しく抱かれたことはなかったのだ。

確かに嫉妬がないとは言わない。だが、確かにあの時智則が貴哉に向けていた眼差しは情愛のそのものだった。

彼は私を二重に裏切っていた。我が子に欲情するなど畜生以下だ。なにがあっても私は元夫を許すわけにはいかなかった。

しかし、貴哉はまったく私の気持ちを理解することなく、私の隙を見ては男を銜え込み、私達の軋轢は日に日に酷くなっていく。

信じられないことに貴哉は自分の担任の教師まで誑らしこみ、性交にふけっていたのだ。

これには流石に私も参った。

貴哉の担任はとても子供達から好かれていて、教師として保護者達からも信頼が厚かった。妻子もいて、とても自分の教え子に手を出すような男とは思えなかったのだ。

ある日、外から帰ってくると息子はベッドで担任とまぐわっていたのだ。

私は、誘ったのは担任ではなく息子の方なのだとすぐにわかった。
彼は私に見せつける為に、わざわざ教師をたらしこんで見せつけたのだ。

私が仕事に行くことにしたのも、息子と二人でいることが息苦しくなってきたからだ。智則から二人で生活出来るだけのお金は工面して貰っているが、この家に閉じこもっていると気が狂いそうだったのだ。

現実逃避だと言われるかもしれないが、このままだと息子に当たってしまいそうで、私は息子と距離をおく事にしたのだ。

今の職場に働き始めて、三ヶ月ほど経った頃、同じ職場の年上の男性と付き合い始めた。

私が息子の事で悩んでいることに、彼は親身になって慰めてくれたのだ。

彼もバツイチで、前の奥さんは家事も仕事もせずにパソコンゲームに嵌っていたそうで、我慢できずに別れたらしい。

私はそんな堕落した女もいるものだと呆れ、彼に同情した。

だから私が余った料理など持っていくと、とても喜ばれて美味しいと食べてくれた。そんなちょっとしたことが、私は嬉しかったのだ。

私達は頻繁に会うようになって、つい先日真剣に付き合おうと言われた。私は嬉しくて、すぐに頷いた。

しかし、問題は貴哉のことだ。
私は自分の息子がセックス依存症なのだと打ち明けられなかった。彼に嫌われてしまうのじゃないかと思うと怖かったのだ。

だから彼に息子に会わせて欲しいと請われたときも、なんとか誤魔化して会わせなかった。

私としては折を見て打ち明けようと思っていた。

しかし、街中で二人でいる時に偶然に貴哉と出会ってしまったのだ。

突然ママと声を掛けられ、振り向いて貴哉が立っていた時は心臓が飛び出そうだった。

その時、貴哉は普通に彼に自己紹介して、彼が私と付き合っているのだと告白すると、貴哉は以外にも賛同してくれて、彼にママを宜しくお願いしますとまで言ってくれた。

私はそれだけで救われた気がしたのだ。

その日以降貴哉は男を家に連れ込むこともしなくなかったし、反抗的な態度もなくなった。

彼とも何度か三人で食事をしたりして、まるで昔のように仲睦まじい家族になったようだった。

つい先日、彼にプロポーズもされて、ようやく私にも幸せが戻ってきたのだと思っていた。

その光景を見るまでは。

急な不幸があって私は午前の新幹線で実家に戻るはずだったが、慌てていたので母に頼まれていた数珠をついうっかり家に忘れて来たのだ。

玄関を開けると、貴哉の嬌声が聞こえてきたのだ。私は酷く憂鬱な気持ちになったが、どこかでやはりという諦めの気持ちもあった。

あんなに依存症していた貴哉がそんなに急に変わることなど出来ないだろう。

だが、放っておくわけにもいかない。今度ちゃんと精神科のお医者さんにでも診て貰わないといけないかもしれないと考えていた。

「あんっ、パパッ、気持ちいいっ……もっと貴哉のおマンコっ、突いてぇ、グチュグチュしてぇ~っ!!」

こんな卑猥な言葉を吐くのが自分の息子だなんて、例え我が子だとはいえ嫌悪感が涌くのはしかたない。

「なんて貴哉は悪い子なんだ。パパをこんなに誘惑するなんて、なんて嫌らしい子なんだ。そんな悪い子こはこうやってお仕置きするぞ!」

ひぃんと一層大きな声で貴哉が啼いた。

しかし、私はその相手の声に茫然とする。

「いやんっ、パパッ! ソコっ、そこグリグリしちゃいやぁああああっ!!」

「嘘をつけ、ここをグリグリされるのが大好きなんだろ、この淫乱がっ!」

パツン、パツンと激しく肉の打つ音が、扉の外にいても聞こえてくる。
随分、激しい情交を交わしているのだと分かる。

「アッ、ヒッひぃいいいっ!! らめっ、らめらにょお……感じ過ぎてっ……あひぃいいいい!!」

「ああっ、貴哉っ、堪らないよ、貴哉のおマンコがパパのチンポをギュウギュウ締め付けて、すごく気持ちいいっ!」

こんな下品な戯言を言うなんて彼のわけがない。
私との時は一度だってこんな下劣なこと言ったがこともない。だから、違うはずだ。

「あんっ、パパッ。ママのよりいい、ママのおマンコより貴哉のがいい?」

「ママのより貴哉のおマンコのほうがずっとキツくて気持ちいいっ!! アアッ、貴哉っ、貴哉がギュウギュウ締め付けるから、パパ達っちゃうよ。貴哉の中にザーメン出すよ!」

「欲しいっ、ちょーだい。パパのザーメン。いやらしい貴哉のおマンコに出してぇ!!」

「ああっ、貴哉っ! 達くっ、達くよっ!!」

「あひっ、ひゃぁああああああ────ッ!」

私は震えが止まらなかった。
関連記事


関連タグ : ホモ, ゲイ, アナルセックス, 射精, 近親相姦,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。