> アクセスランキング

変態父子の中だしセックス

ここでは、「変態父子の中だしセックス」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

会社を出た瞬間から性欲に支配される。

政夫は実の息子とセックスする変態だが、息子を女と置き換えてプレイしないとイケない。
でも、女ではイケない。そのあたりが我ながら面倒な癖だと思う。






「おかえりパパ。…あっ」

玄関で出迎えた息子・伊織に早速抱きつく。

駅を出たころから半勃起で、エレベーターの中で完勃ちしていた。

ちなみに、ふたりがセックスするのは6割が玄関であとは自宅トイレである。
政夫はベッドでのセックスに興奮できない。
これも面倒のひとつだ。





「伊織…おっぱい吸わして…」

ここからプレイは始まっている。

「パパ…もうおちんちん勃ってる。」

「イオの美味しいミルクが飲みたい」

そういって服を捲る大人の力に、少年はもう太刀打ちできない。

伊織は父に全く似ず、少年独特の甘やかで中性的な顔立ちをしている。
息子ながら、政夫のタイプであった。



「ああ…おいひぃ…赤ちゃんに戻った気分…イオの母乳おいしいよ…。」


「あふっ…パパぁ…」


靴も脱がず、伊織の乳首をちゅうちゅう吸い上げる。吸ったまま舐めたり、甘く噛んだり。
そうすると、伊織の乳首は大人顔負けに勃起してみせる。
その頃には下も濡れているから、政夫は伊織の細いジーンズを下着ごと脱がす。
トップスと靴下は、絶対に最後まで脱がさない。


「可愛いイオのおまんこ、すぐびしょびしょになるね。舐めたい…舐めるよ…」

ペニスは一切無視して、穴や周辺を丹念に舌先で愛撫。

「あうぅ…あっ、あっ、ひぁ…」

腰をくねらせながら喘ぐ女らしい様に、政夫は満足する。

政夫が自分でスラックスのジッパーを下ろすと、下着からぶるんとペニスが飛び出してきた。


「顔の上に乗って」


政夫が玄関先で仰向けになる。
ガチガチに堅くなったペニスは上を向き、顔の上に伊織の陰部を全て乗せてもらう。
そうして、政夫はまず自分でしごく。
1分間思いっきり舐めまわしたり舌を差したりして、あっという間に射精
しかし溜まっていたせいで、呻きながらする射精はしばらく動けなくなるほど気持ちよかった。



だが、3分もかからずペニスは復活する。


「伊織…四つん這いになって」

「うん…」


再びいきり立ったペニスで、伊織の割れ目をなぞる。
鈴口と割れ目を何度もこすらせると、どちらのものともつかぬ露が溢れ、ぬるぬると滑り出す。


「あっ…」


伊織の胎内にペニスを刺した。
温かく湿っており、弾力が強く少し狭い。
最高の感触に、政夫のペニスからまたじわりと我慢汁が放たれた。


「ああ…狭いなあ…イオは誰にでも腰を振る淫乱なのに…いつまでも処女みたいで…」


「しないもん…パパとしかしないよ…んぅぅ…」

「嘘だ。してるだろ。斉藤さんのご主人とか、体育の先生とか、ハメまくってんじゃないのか。ちんぽ大好きな変態だもんな。」

「違うよ…パパひどい…ああっ…」

ゆっくり抜いて、また奥まで挿す。
それを繰り返しながら、無茶苦茶に突きたいのを我慢して会話するのが、興奮を高めるポイントだ。

「別にいいんだよ…いろんな男にハメられても…でもちゃんとマンコの外に射精してもらうんだよ…ああ、はあ…ああ~我慢汁すげえ出てる…」


伊織の中を堪能するペニスが、潮を吹きそうなほど勃起し高まっている。

そして腰をつかんでいた手を胸まで滑らせ、伊織の薄い乳を揉んだり、乳首を指でつまんだりこねたりする。

すると伊織の皮膚に鳥肌がたち、陰部が更にねっとりと濡れていく。


そうしてしばらく抜き差しを味わってから、今度はペニスを奥に挿したまま腰をぴたりとつけ、さらに中へ進もうと政夫は背中を仰け反らせた。


「いや…パパ、そんな奥までしたら…怖いよ…」

「イオの子宮に当てたいんだ…パパの精子を全部ここに出したげるね…そしたらどうなるか分かる?イオのお腹にパパの赤ちゃんが出来ちゃうんだよ…嬉しいだろ。」

「そんなのやだよぅ…。ああん、奥気持ちいいっ!あん、すごい…」

「嫌じゃない。イオはパパの奥さんなんだから当然だ。イオのマンコにちんぽハメるのは、俺たちが夫婦だからなんだよ」

伊織の胎内で、肉に揉まれているペニスが射精したかのような痙攣を始めた。

「仰向けになろうか、ほら、もっとマンコ見せて」

バックから正常位に移る。
結合部が歪むほど、巨大化したペニスに自分で興奮した。



「ああ~~~~ほら、子作りするよ!!今から子供作るからね!!」


のぼせながらそう云うと、一度カリ首まで抜き、そして1秒で奥まで突き刺した。

「ひあぁぁぁ!あああ…」

足を限界まで開かされ、無防備な姿勢で政夫のペニスを受け入れるが、その衝撃は凄まじい。


ネクタイも取らずスーツのジャケットも着たままで、政夫は種付けが目的の交尾を開始した。


「あっ!あっ!あっ!あああ!パパ!パパぁ…」

床についた尻と背中に汗をかく。
気持ちいいというより、奥にあたるたび壊されそうな衝撃を受ける。

いま僕たちは、本当にいけないことをしている。

でもパパは変態だから、捕まらない限りもう誰にも止められない。


「伊織ぃ…!はあ、はふっ、伊織ぃかわいい…ああ、あああ~~~」

せりあがる睾丸をバチバチと伊織の尻にぶつけながら、無我夢中で腰を振る。


「今日は精子大量に出るからね…全部イオの子宮に出すよ…種付けしてやるからちゃんと妊娠するんだよ」

「あん!あん!あん!あん!あん!」

「あ~~おら気持ちいいだろ?種付け交尾最高だよなあ!俺も気持ちいいよ!赤ちゃん産もうなあママ~」


政夫の興奮が最高潮に達し、唾液を垂れ流しながら突きまくる。

隣人にも、宅配の兄ちゃんにも、いろんな奴にこのセックスを見せつけたいとすら思う。

受精する瞬間の伊織の顔を晒してやりたい。

メス丸出しの痴態の全てを、皆に見せてやりたい。


「ぐう、くっ…ママ、すげえよ…パパのちんぽもう限界だよ…もうすぐママのマンコに出るぅ…」

「あっ…あ~いい…出してパパぁ…」

「俺の顔見て!子宮に種付けする瞬間の俺を見てて!赤ちゃん産ませるからねえ!」

ズコズコズコというリズムからから、ガガガガガ!!!と振動のような速さに変わる。
伊織はたまらずそのまま射精してしまった。


「ああーーママ!出る!子種出る!種出る!マンコ全部出る出る出るぅ~~~!!!ぉぐぁああああ!!!!」

「あああん!パパぁ~~!」

ビュー!ビュルルルルルルル!
ビビュッ、ドプッ ドプッ ドプッ


痕がつくほどガッチリと腰をホールドし、ペニスが届く限界の奥の奥に向けて、政夫は最高に気持ちいい射精をした。
天井を向いたまま唾液をたらし、至福の快感に包まれている。



伊織は肩で息をしながら、父によって強制的に女にされていく幼い身体に涙した。


これが、救いようのない変態男の、最近ハマっているシチュエーションである。
関連記事


関連タグ : ホモ, ゲイ, 近親相姦, 射精, アナルセックス, 中だし,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する