> アクセスランキング

少年院での身体検査体験

ここでは、「少年院での身体検査体験」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




少年院での身体検査も非常に恥ずかしいです。

鑑別所から少年院に連行されると、新入調室という部屋に入れられ、検査されます。
まず素っ裸にされ、傷が無いかなどの身体検査をされます。パンツも含めて全て脱がされます。
前を手で隠すことも許されません。
髪の毛や、口の中、バンザイして、ワキの下や足の裏まで調べられます。




その後、足を開いて前にかがんだ「も~」のポーズをさせられ、お尻の穴を見られます。自分の手でお尻をつかんで穴を開いて見せなければなりません。おもいっきりつかんで開かないと先生から怒られるので、しっかり穴が丸見えとなり、非常に恥ずかしいです。
このポーズはうしろからおちんちんが丸見えで、恥ずかしいです。

その後、四つんばいにさせられます。
ゴム手袋をした先生にお尻の穴に指を挿入され検査させられます。鑑別所で知り合った子の連絡先のメモや嗜好品などを、お尻の穴の中に隠していることがあり、特に厳しく検査するようです。
そして、お尻の穴にガラス棒を挿入され、検便されます。
服を支給され、身体検査はひとまず終わりです。
恥ずかしく屈辱的な検査なので、どんなワルでも穴に指を挿入される頃にはべそをかいているそうです。
お尻に指を突っ込まれるのはかなり痛いので、着替えた後もジャージのズボンの上からお尻の穴あたりを押さえたりさすっていました。


入院後の健康診断では、白ブリーフのみで検診です。
身長、体重、座高、胸囲を測定されます。
視力、眼科、聴力、耳鼻科、歯科、内科と検診されます。
次に脊柱そくわん検診(モアレ検査)では、ブリーフも半分下げられ半ケツにさせられます。
ぎょう虫検査では、パンツを脱がされ、お尻ぺったんさせられます。
検尿もトイレで先生におちんちんを見られながらさせられます。

性病検査は下半身裸で、内診台に上がらされ、足を思い切り開かされ、おちんちんを検査されます。



少年院は辛い生活なのです。
関連記事


関連タグ : 身体検査, ブリーフ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。