> アクセスランキング

カンチョー戦争のせいで羞恥地獄に落とされた

ここでは、「カンチョー戦争のせいで羞恥地獄に落とされた」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

俺が中2の時の話なんですが、当時は俺も周りのクラスメイトも年の割にセックスとかにほとんど興味が無く、流行っていた遊びといえば『カンチョー』。
男同士で「必殺!千年殺し!!」とか言いながら追いかけ合うガキ共でした。

秋の学園祭での事です。俺達のクラスはゲームコーナーをする事になり、その中に輪投げコーナーがありました。
近くのボーリング場で古くなったピンを貰って来て、ピンの底を板に固定する簡単なものでした。
学園祭の前日、俺達ガキ共はもちろん出来上がったゲームで遊び、大はしゃぎです。
そのうちテンションが上がり、『カンチョー戦争』が始まりました。




もちろん俺もはしゃぎまくり、輪投げコーナーの辺りでこちらに背を向けている奴めがけて「くらえ!必殺!千年殺し!!」としたところ、体格の良い彼が「なんの!キサマの千年殺しなんぞ返り討ちじゃ!」とケツをこっちにブリン!と突き出しブー!!っと屁をこきました。
俺「うっ・・くそ・・俺はもうだめだ・・後は頼んだぞアツシ・・」
アツシ「そうすけー!!大丈夫か!死ぬなー!!」
とふざけながら友人アツシと輪投げコーナーの辺りに倒れた瞬間、『ドス!!』
(・・・?)俺のケツに大きな衝撃。(ヤバイ。ゲーム壊しちった?)
と思いながらケツを見た。絶句した。数秒間は状況を理解できなかった。
が、(マジで・・?)と思うと同時にものすごい激痛!!
固定してあるボーリングのピンが制服のズボンとパンツを突き破り、俺のケツにズッポリ刺さってる。
(痛い・・怖い・・俺は死ぬんだ・・)
力も入らず声も出ない。しばらく硬直しているとアツシが「なにボーっとしてんだよ?よっこらしょ」と、俺の肩に手を掛け立ち上がった。するとかろうじて片腕で支えていた腰がズズっと沈む。
「ぎゃああああああ!!!」声が出た。クラス中が静まり返る。
何人かが様子を見に来るが、俺の置かれている状況を理解できない。見た奴はしゃべらなくなる。腰を抜かす奴もいた。
自分ではもう見れなかったが、下は血の池だったらしい。(オーバーだろうけど)

クラスメイトが先生を呼び、先生が救急車を呼び、救急車がレスキューを連れてきた。
とりあえず抜かないと搬送出来ないが、このままでは抜けないって事で板に固定してあるピンを電ノコみたいので切断し始めた。ギュイイーン!!
「わああああ!やめて!やめて!痛い!死ぬ死ぬ死ぬー!!」
もう痛いのとかわからなかったけど、とにかく怖くて叫びまくった。
俺の体を支えてるレスキューのお兄さんが「大丈夫、死なないよ」と笑った。
俺はそのレスキューにしがみついて泣きながら、少し殺意を覚えた。(笑われたと思って・・)

ピンはあっさり切断され、その場でケツから抜かれる事になった。
学校の先生達にクラスメイトが全員廊下へ出され(もっと早く出せよ!)、制服のズボンとトランクスをレスキューが切り始める。
俺は四つん這いにされ、ローションの様なモノをケツに塗り込まれ、ゆっくりとピンが抜かれていく。怖くて力が入らないはずなのに、ケツは怖くて力が入ってるらしい。
さっき俺を支えてたレスキューが「力、抜けるかな?」と聞いてくる。
俺は必死に首を横に振る。とにかく死にそうだ。
レスキュー「じゃあ、ウンチをする時みたいに力んでみようか」
俺「はい」
レスキューの合図で力むと、だんだんピンが出てきて、最後はスポンと抜けた。
救急車に乗り学校を後にする俺。
その後、『千年殺し』は暗黙の了解で封印された。
そして友人アツシの投稿によってテレビの取材を受けるハメになる・・。
この事件で終始俺のケツに付き合ってくれたレスキューに当初は殺意を覚えたりもしたが多分それがきっかけでゲイになり、今はピンをより深くケツに埋めた挙句テレビに投稿までしやがったアツシに殺意を覚えています。今度あったら懐かしの千年殺しをくれてやる!
関連記事


関連タグ : ホモ, ゲイ, カンチョー,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する