> アクセスランキング

小学5年生、真っ白なブリーフ

ここでは、「小学5年生、真っ白なブリーフ」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




三重県の伊勢志摩地区は、僕の小学校の修学旅行の目的地ですが、以前は国立公園ながら温泉がない、と言われていました。
そうそう都合よく国立公園地域内に温泉観光地が存在するものでもないでしょうが、日本では、法律的には、湧水が一定温度だと温泉と名乗ることが可能なため、あちこちでボーリングして温泉を開発しています。
その結果、伊勢志摩地区も温泉で売れるようになりました。

この地域を走る鉄道、近鉄には、「まわりゃんせ」という便利なフリーパス系のきっぷがあります。
大阪・名古屋方面、近鉄線ならどこからでも、伊勢志摩地区までの往復特急、現地の近鉄の鉄道線・三重交通バスが乗り放題、そして観光施設に自由に入れる、というものです。




「志摩スペイン村」にしても「鳥羽水族館」にしても、僕のような男一人で行くには似合わないので、鉄道・バスマニアとしては、現地のバスに乗って散歩し、漁村の町のたたずまいを散歩するのが第一の楽しみ。
そして、散歩に疲れたら、パスで入れる温泉へ。

まず1日め、08年3月8日の土曜日。
浜の町を歩き回り、誰も知らない生活路線であるポンポン船に乗って、対岸の街から島へと渡りました。
ここから温泉の送迎バスが出ています。
玄関を入ると、入れ違いに小学生サッカーチームの集団が出ていくところ。
惜しいですねえ。
貴重品は暗証番号で保管するシステムに感心し、脱衣場で裸になり、浴室へ。
都市型施設ではないため、まったりしたもので、入浴者は数人。

しかし、春休みなので、しばらくすると、少年が入ってきました。
まったり施設では普通に入浴者同志で会話が発生するもの。
挨拶レベルです。

お子様ですから、羞恥心もなく、すっぽんぽん。
3月現在、小学校4年生。
4月から5年生の子です。
風貌は、いかにも、「子供として成長した体格」。
おちんちんも、それ相応の、小学校高学年らしいタイプ。
しかし、全身から眺めると、つるつるのぷにぷにながら、きりりっと締まった体格がいかにも、
「僕、もう一人で何でもできる。今年は学校でお泊りの行事にも行ける。4月から5年生だよ~」
と主張しているかのようです。

特記すべきことは・・・。
「真っ白なブリーフ
脱衣場に出てきたのはこの親子連れの方が後なのですが、ロッカーが僕の下で、このすっぽんぽんの小学生が僕の下でロッカーを開けます。
そして、出てきて、着衣したパンツが、なんと、「まっしろブリーフ」。
すぐに、着衣しました。

「小学校5年生、まっしろブリーフ」。
やはりきれいですね。
少年愛系ではこれに対する信仰があるのがうなずけます。
関連記事


関連タグ : ブリーフ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。