> アクセスランキング

庭球部のペットになった僕

ここでは、「庭球部のペットになった僕」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

高校で中高一貫の私立に編入。体育会庭球部に入り、同時に体育会寮に入寮。

庭球部で選手になったあたりから補欠に回った先輩から風当たりが強くなり、「生意気だ」という、その先輩たちからのいじめが発端でした。

はじめは殴る蹴るといった暴力的なものだったのが、ふとした拍子に「恥ずかしい格好させてやるか」といわれ、脱がされて、それで反応してしまったのが「ペット」としての始まりでした。




夏合宿では合宿所で一緒になった陸上部の「ペット」と共に、「ペット部屋」に入れられて、私物の着替えなどは取り上げられ、与えられたサポーターと短パンだけで練習もその他も過ごし、先輩たちが自由に部屋に出入りする。
その部屋で、命じられるままにオナニーをしては「寸止め」。
イけないまま朝になり、練習中もずっと勃ったままということもありました。

陸上部の「ペット」は同学年の奴で、こっちは中学の頃から調教を受けていたそうで、先輩や同級生の命令には背かずに従ってました。
僕はまだ抵抗したりもしていたので、その分エスカレートしたりして、かえって恥ずかしい目にあったりしてました。
その合宿で一番恥ずかしかったのは、食事の際に、食堂の床で「犬食い」をさせられたことでした。
最初は、Tシャツ短パンの格好で。
翌日は、短パンだけで。その日にいやがって食べなかったため、その後三食抜き。
練習は選手メニューでかなり激しいので、空腹もひどかったです。
それでその次の日は、自分から床に這いつくばって、犬食いをしようとしてしまいました。
その時、先輩が「それじゃあ昨日と変わへんよ」と言い出し、結局、「犬は服なんか要らんやん」と、全裸で。
皿に顔を近付けて飯を食おうとすると、そこに味噌汁をかけられ、その皿は取り上げられ、テーブルの上へ。
僕は結局、テーブルの上で全裸で犬食いをしました。
お腹につきそうに勃たせながら。
先輩たちは僕のお尻を叩いたり、頭を皿に押し付けたりして、大笑いしていました。
なんだか自分でもどうでも良くなってしまいそうでした。

続きはこちら
関連記事


関連タグ : 犬食い, しごき, いじめ, スパンキング,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する