> アクセスランキング

銭湯で見た3本のおちんちん

ここでは、「銭湯で見た3本のおちんちん」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





もう20年ぐらい前に、銭湯で見た光景を書き留めます。

板橋区の、新板橋と板橋区役所前の間にある銭湯に行き、裸になって浴場に入ったら、中学2年位の3人の少年が浴槽でお互いに肩を組んで立っていました。
3人の少年はそれぞれの裸身を内側に向けて、肩を組んで、なにやらまわりに聞こえないような小さい声で話しあっていました。
3人とも包茎で、陰毛もしっかり生えそろっており(たぶん生え始めて2~3年ぐらいか)、陰茎(それぞれ5~6センチぐらい)も陰嚢(キンタマ袋・それぞれ6~7センチ)もしっかり垂れ下がっていました。




自分はちょっと不思議な風景を目にしてちょっと驚きましたが、大人(の陰茎持ち)らしくそのまま通過してしまいました。
(あの時ちょっと彼ら3人にあれこれ話しできたら良かったなあと後悔しています)

その時3人から「社長は…」と会話がちらりと聞こえました。
3人の中でメガネしていた少年がいたので、彼を社長を呼んでいたのでしょう。

自分は体を洗い、3人のところへ行きましたがもういませんでした。


…今でも思い出す光景ですが、3人の思春期の少年がお互いのおちんちん・チン毛を隠さずに肩を組みあっていたのは、何かあっての行動でしょう。
銭湯で、お互いのおちんちんを隠さず、あえて見せ合うような行動です。
自分が浴場に入る前に3人は何をしたのか…お互い白くネバネバした男のあかしをそれぞれのおちんちんから出し合ったのでしょうか…。

そして彼ら3人ももう30代。
白い男のあかしから新しい命を作ったのでしょうか。
できるなら、また彼ら3人と裸で会い、成長した性器をしっかりと見てあげたいです。
関連記事


関連タグ : 包茎,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。