> アクセスランキング

勃っちゃったら止まらない

ここでは、「勃っちゃったら止まらない」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

中学3年の卒業式のちょっと前のころの話です。


たまたま保健室にHDレコーダーがあったので、体育の授業をサボって友達3人とエッチなDVDを見たことがありました。

4人とも体操服姿。ボクはその時ノーパンだったのですが、他の3人は当然短パンの下にはブリーフを穿いていました。

ワクワクしながらDVDのスイッチを入れたのですが、その時ボクが、
「どうせこの場でこっそりオナニーしてしまうかもしれないだろ?
せっかく短パン穿いてるし、パンツ汚れたらヤバイから皆ノーパンにならない?」と提案しました。

今のようにオナニーグッズも無く、ましてや中学生ですから、その友人のダッチワイフ的に扱われ、友人のペニスも扱かされました。




オナニーしてしまったらブリーフがぬれて夢精したみたいになるかもしれないし、
まさかマッ裸(フリチン)になる訳にもいかないので、
ブリーフだけ脱いでノーパン短パンを穿こうと云う事になりました。
(今から考えたら、言う奴も言う奴だけど、合意する奴も奴だな)

とにかく、短パンノーパンフェチのボクにとっては願ってもないチャンスで正に思い通りの展開でした。
ボクは内心ワクワクしていました。
皆はよく海パンに着がえる時ブリーフの上から海パンを穿いて下のブリーフを上手い具合に片足ずつ抜いて脱ぐ、
というやり方を知っていると思いますが、3人はそれで短パンを脱がずにブリーフだけ上手く脱ぎました。
「Mは脱がないのか?」と聞かれたので、
「ボクはもうノーパンだよ」と言って
短パンの裾をチラッとめくりチンコの付け根の辺り(毛の生え際)を見せてノーパンであることを証明しました。
皆はちょっと変な顔をしていましたがエッチDVDの方が先です、思わずスイッチを入れて再生しました。

DVDはノーカットの裏物で、可愛い高校生の女の子のアソコが丸見えのものでした。
セーラー服を着た女の子が足を広げてブルマーの横からチラッとアソコを見せたりしながら、
だんだん感じていきつつ、脱いでいくというものでした。
その女の子もブルマーの下にはショーツを着けていませんでした。
女の子のオナニーシーンは結構マジの様で僕達はDVDに釘付けでした。

何かこそこそ音がし始めたのでよく見ると1人(A)が短パンの上からチンコをシコり始めました。
「いいよっ!メチャ堪らないよっ!」
と言いながらボクも残りの2人(B)(C)もオナニーを始めました。
「俺、チンコ出してやる!」
(A)がそう言って短パンの横から勃起したチンコを出して直接チンコを握りながらオナニーを始めました。
同級生の勃起したチンコを見るのは初めてだったし、思った以上に大きかったので驚きました。
しかもボクと同じ完全に剥けていてチン毛もボーボーで、先っぽは透明の液でびちょびちょでした。
当然同級生のオナニー姿を見るのも初めてでした。
(A)はボクたちの目の前で必死になってチンコを扱き続けました。
(B)と(C)は、ボクと一緒で短パンの上からチンコをシコっていました。
短パンの下のチンポは、透明の液がいっぱい出て、ヌルヌル状態になっているのが分かりました。
人にチンポは見られたくなかったのですが、以前からオナニーを人前でやってみたいという願望がっあたので、
ボクは、興奮しながらオナニーをしました。
(B)は、日頃大人しい目立たない子でしたが、ここでは一番大胆でした。
ボクはその頃は未だゲイの気はそんなにありませんでしたが、
勢いというのは怖いものでボクは無意識に(B)の短パンに手を伸ばし、
「チンコ触らせろよっ!」
と言って、短パンの上から(B)のチンコを握ろうとしました。
(B)はちょっと童顔で女の子みたいに可愛い顔をしていたので尚更彼のチンコには興味があったのです。
すると何と(B)の方が驚いた事に、
「オマエの方が先だ!」
と言ってボクを仰向けに寝かして、
「オマエの舐めさせてくれよ、そしたら俺の見せてやるから」
と言って行き成り反対向きになってボクの上に乗ってきました。(96というやつですネ!)
ボクの目の前には、(B)の短パンを穿いた股間がやって来ました。
ボクは「おいおい、ちょっと待てよ」と思いながらも、(B)のチンコを短パンの上からそっと舐めてみました。
すると(B)も、
「ああ、いい!」
と言ってボクのチンコを短パンの上から咥える様にしゃぶり始めたのです。
それも激しくクチュクチュといやらしい音を出しながら短パンの上からボクのチンコをフェラし始めたのです。
信じられない展開に、ボクも負けてはいられませんでした。
こんなチャンス滅多に無い事だし可愛い(B)の、それも短パンを穿いた股間が目の前にあるのです。
ボクも(B)のチンコを思わず短パンの上からしゃぶりついてしまいました。
(B)のチンコが脈打っているのが分かりました。
ちょっと塩っぱくて、ちょっと生臭い匂いがしました。
その匂いが堪らなくて、だって女の子みたいな顔をしたオナニーなんて一番縁のないような童顔の(B)が、チンポ臭いんだもんね。
そうとうオナニーやりまくってそうなんだもん。
ボクはイキそうになるのを必死で堪えながら、(B)のチンポを短パンごと咥えり舐めたりしました。

(B)も、ボクのチンコをクチュクチュと音を立てながら短パンごとしゃぶりまくっていました。
その間約2分位。
ただ、ちょっとヤバイ気がしたので直ぐに止めて、またお互いが勝手に自分のチンコを扱き始めました。

「出てる、出てる!」
と、(B)は悲鳴のような声を出しました。
それでも右手ではチンコを扱き続けていました。
そんなこんなで何と4人の中学生が保健室の隅で体操服姿、短パンをノーパンで穿いたまま転げ回ってオナニーをし続けました。
まるで男ばっかりの乱交パーティーのようでした。
今から考えてもどうしてそんな大胆なことができたのかさっぱり分かりません。
因みにこの時は4人とも童貞だったし、ボク以外はそんな変な趣味もなかったはずでした。
DVDの女の子のアソコもオナニーの連発でグチョグチョに濡れてました。

とうとうチンコを握っていた(A)が、
「あぁ、もうダメっ!、出るっ、出るっ!」
と言ってドピュドピュっ激しく射精しました。
ボクも思わず声を出して、
「短パンの中で出ちゃう!みんな見てくれ、出すぞっ!!」
と言って多分女の子のオナニーDVDよりも、(A)の生のオナニーに興奮し、とうとう短パンの中で射精してしまいました。
そしてボクの思い通り他の2人も、
「どうしよう、俺も中で出ちゃいそう!」
と言いながら、ほとんど同時に射精しました。
ボクはさらに興奮し、すぐさま2回目もイってしまいました。

このめっちゃアブノーマルな体験に、僕達は我に返り逆にちょっと気まずそうに、
しかし垂れてくる精液をそのまま拭こうともせず、ただボーっとしていました。
しばらくは立ち上がる事もせず、じっとしゃがみ込んでいました。

ボクらはそっとバレないようにビデオを終うと、お互い隠れながら見られないようにして、
こっそりティッシュで短パンやチンコをキレイにしました。
チンコに着いた精液を拭き取る奴、短パンを拭く奴、1人は飛ばした精液も拭き取りました。
そして逃げるようにしてノーパンのままこっそりと保健室から出て行きました。

この時、遂にボクは念願の短パンの中で出すボク以外のオナニーを見たのでした。
しかも他人のチンコを短パンの上から舐めたり、かなりヤバイオナニーも味わいました。
ボクは何だかんだ言ってもとっても満足したので、後で1人でトイレに行ってまたオナニーしてしまいました。

卒業してから彼らとは一度も会っていませんが、この日のことは4人にとっての絶対秘密事項である事は言う間でもありません。
関連記事


関連タグ : ホモ, ゲイ, 射精, 短パン, ノーパン, フェラ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する