> アクセスランキング

銭湯で目的した性的いじめ

ここでは、「銭湯で目的した性的いじめ」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

平日の昼間、近所の銭湯へ行ってきた。銭湯には、客が俺だけで貸し切り状態。

のんびりと日頃の疲れを癒していると、中学生くらいの少年5人が入ってきた。

少年5人のうち、真ん中の少年だけがタオルを持っていなくて、恥ずかしそうに俯いていた。

その少年のチンボは並みの大きさ、包茎、パイパン

5人の様子を見て、その少年がいじめられているということが俺には分かった。




一瞬、助けようかとも考えたが、最近の中高生は怖いので、そのままやり過ごすことにした。

しかし少年5人が、あろうことか俺の浸かっている湯舟に入ってきた。

4人は湯舟に浸かり、いじめられている少年は立たされていた。

「聞いてこいよ」

聞こえたのが、それだけなので、何のことなのか全く分からなかった。

「こいつが質問あるみたいなんですけどいいですか?」

4人のうちの一人が俺に向かって言った。

と、同時にいじめられている少年は、4人に押されて俺の方へと歩きはじめた。

その少年が俺の前まで来ると、モジモジしだした。

「お前が質問あるって言ったから、俺がきっかけ作ってやったんだぞ。早く質問しろよ」

その少年は更にモジモジ。

「僕、中3なんですけど、まだチンボの毛が生えないのはどうしてですか?」

4人の少年を見ると、声を殺して笑っていた。

目の前にあるチンボをよく見ると、毛を剃った痕跡があった。

「そいつのチンボに異常がないか調べてやってください」

さっきの一人が真面目な顔をして言った。

どうやら、いじめグループのリーダーらしかった。

「スイマセン、僕のチンボ少しでもいいから触ってください。じゃないと後で、酷いことさせられるんです」

4人には聞こえない声で少年が囁いた。

俺は少年のチンボに触れて、調べるふりをした。

チンボに触れてみて、毛を剃られていることを確信した。

「異常はないよ。もう少ししたら毛も生えてくるんじゃないかな」

適当に答えて、チンボを離そうとした時、少年が半立ちしていることに気づいた。

4人もそれに気づき、側にやって来た。

「お前、検査なのに何感じてるんだ?」

「シコって射精しないとチンボは元に戻らないぞ。どうするんだ?」

それ以上、その場にいるのがいたたまれなくなって、俺は湯舟を出て露天風呂の方へ移動した。

露天風呂の脇にある椅子に座って寛いでいると、少年5人がやって来た。

いじめられている少年は完全に勃起して、俺の前に立った。

周りを4人に囲まれたので、俺までも動けなくなった。

そして、俺を全く無視するかのように少年に対するいじめが始まった。

ラジオ体操をさせたり、露天風呂で背泳させたり、打たせ湯にチンボを打たせたり、

浴槽の縁にまたがらせ、腰を振らせてチンボを縁に擦りつけさせたり、

仰向けの状態で小便させたり、チンボを濡れタオルで叩いたりしていた。

俺はいじめということをすっかり忘れ、SMショーでも見ている気分だった。

タオルで隠していたとはいえ、俺のチンボが勃起しているのはばれていた。

ふと、4人の少年を見ると、4人のチンボも勃起していた。

時々タオルの隙間からチンボが見え隠れしていた。

そして、いじめグループのリーダーの掛け声でのオナニーが始まった。

「シコれ」

「やめろ」

その繰り返しで、いじめられている少年は先走りを滴らせていた。

「早く射精させて家に帰してください」

いじめられている少年は懇願していた。

「俺たちのチンボを射精させてからだ」

いじめグループのリーダーが言うと、いじめられている少年は前へ行き、タオルを剥がしチンボを咥えた。

4人のザーメンを全身で受け止めた後、いじめられている少年は俺の前で射精した。

4人はそそくさと洗い場で体を洗い、先に帰っていった。

「僕のいじめに巻き込んでしまってごめんなさい」

いじめられている少年が謝ってきたので、色々と話を聞いた。

いじめられるようになったのは、中2の時の林間合宿の時からで、

その時は、本当にチンボの毛が生えてなかったので、それから検査と称して解剖されたということだった。

いざ、毛が生えると、様々な理由をつけられて剃られてしまったということだった。

毛を剃るのに便利だということで銭湯で毛を剃られるようになり、ザーメンで汚れても簡単に洗い流せることから、

いじめの中心が学校から銭湯へ移行していったということだった。

また、目撃したら投稿します。
関連記事


関連タグ : ホモ, ゲイ, いじめ, 露出, オナニーショー, 剃毛, 公開オナニー, パイパン, 小便,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する