> アクセスランキング

いじめられっ子のおもらし

ここでは、「いじめられっ子のおもらし」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

気弱な真次(シンジ)は、よく同級生にからかいの対象とされて来た。
一種のいじめだが、さほど深刻な事態ではないし、真次自身がそれをいじめとは受け止めていない。

その日も、帰ろうとしていた真次の周りに数人のクラスメイトが集まり、数学のノートを取られてしまった。

一応、さきほどの授業でノートをとれなかったから貸してくれ、という名目だが。
ノートを持った彼らは写しもせずに教室を飛び出して行く。

宿題があるので、ノートを取られたままにするわけには行かず、慌てて真次は彼らを追いかけた。
が、強く出ることができずに、ようやく返してもらえたのは、大分時間が過ぎてから。




急いで帰り支度をした真次は、そのまま学校を飛び出した。

が、しばらく歩いていると、急に尿意を催す。

学校から真次の家まではかなりの距離があり、しかも、道中はほとんど畑か田んぼだ。
後はポツポツと民家があるのみ。

気弱な真次には、見知らぬ人の家でトイレを借りることなどできるはずもなく。
また、その辺で立ちションをする勇気もなかった。

真次は駆け足で帰路についたものの、すぐに立ち止まらざるを得なかった。
というのも、尿意が強すぎて、下手に衝撃を与えると漏れてしまいそうになるのだ。

あまり人気がないのを幸いに、鞄で隠しながらも股間を片手でぎゅっと握りしめる。

その状態でしばらく小走りをしていると、正面から見知った老夫婦が歩いて来た。

向こうも真次の存在に気づいたらしい。
にこやかに挨拶され、そのまま少し、立ち話をするハメとなった。

さすがに人前で股間を握るわけにもいかず、慌てて手を離して、始終にこやかにしていたが。
足は勝手に震えだし、今にも小便が漏れ出してしまいそうだった。

何とか無事に老夫婦と別れた真次は、人目を気にする余裕もなく、両手でぎゅうっと股間を握りしめる。

その拍子に、チョロッと小便をチビってしまった。
ギクリとしたものの、それ以上漏れ出すことはなかったので、ホッとして真次は再び歩き出した。

が、先ほどよりもかなり余裕がなく、もはや人目など気にしていられないほどに、切羽詰まっている。
真次は、どこかに隠れて放尿するしかない、と判断して、周囲を見回した。

が、毎日歩いている通学路は、普段そんな風に見たことがないせいか、とてもではないがこっそり放尿できるような場所には見えない。

とうとう歩くことすらできなくなった真次は、股間をぎゅっと押さえたまま、足をクロスにさせ、せわしなく足踏みをした。

こうなったらもう、誰に怒られても構わない。
この場で放尿してしまえ、とようやく決断して、真次はズボンの前をくつろげようとした。

が、その判断は少し遅すぎたようだった。

ジッパーに手をかけた瞬間、真次の股間はブワッと温もりに包まれる。

えっ?と思って、股間に視線を向けると、みるみる内にズボンが色濃く染まり始めた。

ショオオォォォ――ッ

勢いよく水音を立てながら、小便は次から次へと溢れて来る。

おもらしをしている、とようやく理解した真次は慌てて放尿を止めようとしたが、体は全く言うことを聞いてくれなかった。

滝のように股間から溢れ出した小便は、真次の足元に巨大な水たまりを作っている。
その中央に立ち尽くした真次は、体内の小便をすべて吐き出した後もしばらく、呆然と突っ立ったままだった。

が、生温かった小便がすっかり冷えて、濡れた下着とズボンが下半身にビタリと張りつき始めた頃。

ようやく我に返った真次は、高校生にもなって盛大におもらししてしまった事実に顔を赤く染め、慌てて周囲に目を走らせた。

幸い誰にも見られていなかったようだ。
そう確認して、次の瞬間、真次は家まで猛ダッシュした。
関連記事


関連タグ : いじめ, 小便, おもらし,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する