> アクセスランキング

尿検査で射精した高校生

ここでは、「尿検査で射精した高校生」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

体調が悪くて病院に行ったら、尿検査をすると言われた。
紙コップを渡されて、丁寧に説明されるが、正直、トイレは少し前に済ませていて、出るはずもない。
それでも一応、トイレに行ってみたものの、やっぱり出なかった。

水を飲んで尿を出やすくしてみましょう、と看護師に言われて、備えつけられているウォータークーラーの水をがぶ飲みする。
しかし、それでも尿意は訪れない。




待合室でぼんやりと尿意が高まるのを待っていたが、どうしたわけか、一向にやって来なかった。
何度もウォータークーラーの水を飲んでいるせいで、正直腹はタプタプしている。

後から診察に来た人が、どんどんと診察室に入って行って、去っていく。
それを見送りながら、なぜ病院に来てまでこんなに苦しまなければならないのだろう、と疑問に思った。

多少しんどさはあるものの、学校を堂々とサボれてラッキーと思っていたが、その状態が2日も続けば自分の体調が気になって、意を決して病院へとやって来たのだが。

まさかその病院で、こんな羞恥を受けるハメになるとは。

いくら待っても尿を取れないことに業を煮やしたのか、再び診察に呼ばれ、そこで医者と看護師の前でズボンと下着を脱がされた。

診察ベッドに浅く腰をかけた状態で、性器の前に紙コップをあてられる。

しかし、そんな状況で小便などできるはずもなく、羞恥に顔を赤く染めながら、必死で下腹部に力を込めてみたものの、一向に出ない。

「なかなか出ないね」

まだ若い男の医者は、首を傾げながら性器をつまんで来る。
どう反応していいかわからず、硬直したように動けない。

看護師もまだ若い男だったからよかった。
これがきれいな女性だったら、性器が硬くなってしまい、恥の上塗りをしていたかもしれない。

「緊張して出なくなってるのかな?ちょっと触ってみるね」

親切そうに微笑んで、医者は性器を緩く扱き始める。

ヒクっと震えて、身体をますます強張らせた。
まさかそんなことをされるなんて、思っても見なかった。

他人の手に初めて扱かれ、情けないことにゆるく立ち上がってしまう。
そこで医者は、性器の先端を、指でグリグリと撫で始めた。

「は、あぁ…ッ」

かみ締めた唇が緩く開いて、思わず喘ぎ声が漏れてしまう。
慌てて片手で口を塞いだが、医者や看護師には十分聞こえていただろう。

「大丈夫だよ。若いんだから、仕方ないし」
「気持ちよくなって、ついでにおしっこもしちゃおうね」

にこにこと微笑みながら言われた言葉に、ますます恥ずかしくなる。

けれど、医者の手はグリグリと先端を器用に撫で回し、時折爪で引っかくようにされ、そのたびに喘ぎ声が漏れてしまった。

「ひ…や、あぁ…ッ。あ、あぁ…んッ」

診察ベッドのシーツをつかみ、腰を突き出すようにして、医者の手に身を委ねる。
頭の中が真っ白になって、自分が何のためにここにいるのか、わからなくなった。

「イくぅ…ッ。やだ…ぁ。イっちゃうぅ…ッ」
「出しちゃっていいよ」

あまりの快感にわけがわからなくなっていたものの、それでも多少理性は残っていて、イってしまうことに抵抗があった。
けれど、医者に優しく言われ、更に性器を強く扱かれて、あっけないほど簡単に達してしまった。

気づかない間にティッシュを被せられていて、粘ついた精液が吸い取られた。

「あ、ぁぁ…ッ。ふ、…ぅ…ッ」

ヒクヒクと腰を震わせ、射精の余韻に浸っていると、急に尿意が沸き上がってくる。

「あ、やぁ…ッ」

自分では止められないほどの急激な尿意に、おののきながら悲鳴を上げ、顔を真っ赤にして股間に手をやろうとした。
すると、こちらの心情がわかったのだろう、医者はまた、優しく微笑んでくれる。

「じゃあ、ここにおしっこを出して」

性器の先端へと紙コップがあてがわれた瞬間、意図するまでもなくシャアッと小便がほとばしった。

ジョボジョボと音を立てながら、紙コップに小便が放たれる。

羞恥で涙ぐみながら、紙コップに並々と満たされる小便を見つめていると、再び性器が硬くなるのを止められなかった。

関連記事


関連タグ : 射精, 小便, 身体検査,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する