> アクセスランキング

保険医の前で大失態(嘔吐+スカ)

ここでは、「保険医の前で大失態(嘔吐+スカ)」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

あまり便通が良くないせいで、時折保健室のお世話になることがあった。
保健医はそのことをよく知っているので、僕が訪れると、すぐに便秘薬を用意してくれる。

僕はいつものように薬を飲んで、ベッドに横になった。
そうしていると、じょじょに薬が効いてくるのだ。
が、その日はつい、うとうととして眠ってしまった。

目が覚めたのは、腹が痛んだせいだ。
いつもなら薬が効き始めた頃にトイレへ行って、そこでしばらくこもっているのだが。
眠ってしまったせいで、かなり切羽詰った状態まで、保健室で過ごしてしまった。




僕は慌てて起き上がり、トイレへ向かおうとした。
が、あまりに腹が痛んで、身動きが取れない。

「せ、先生…ッ」

僕は慌てて、保健医を呼んだ。
その切羽詰った声に、ただならぬものを感じたのか、保健医はすぐに駆けつけてくれた。

「出そう…ッ」

僕はみっともなくも尻を押さえ、保健医に泣きそうになりながら訴えた。
さすがに保健医もその言葉にはびっくりしていたが。
すぐに頷いた保健医は、銀製の受け皿を持って来た。

「入り口のドアは鍵をしてるから、先生以外はいないよ。大丈夫、これにしちゃいなさい」

言いながら、保健医は僕のベルトを外して、ズボンと下着を脱がせる。
少し抵抗を示したものの、かなり切羽詰っているせいで、簡単に押さえ込められてしまい、あっという間に下肢を裸に剥かれた。

犬のお座りみたいな姿勢で、僕の尻の下には受け皿が置かれた。
とはいえ、すぐにそこへと排泄できるはずがない。
が、僕の尻穴はヒクヒクとけいれんして、今にも排泄しようとしている。

恥ずかしくて仕方がないが、我慢できないものはどうしようもなく。

ブブッ、ブビッ、ブリブリッ、

僕はとうとう、排泄をし始めてしまった。
硬い大便が、ゆっくりと姿を現し、ニチニチと音を立てながらぶら下がって、受け皿の上にボタッと落ちた。

トイレではない場所で、保健医の目の前で、僕は大便をしている。
それが恥ずかしくて仕方がないのに、一度出始めた大便は止まってくれない。

それなのに、僕は更なる惨事を引き起こした。

ニチニチと大便を吐き出している最中だというのに、シャアッと性器から小便が漏れ出したのだ。

シーツをびちゃびちゃと叩く水流は止まりそうにない。
僕は慌てて大便の排泄を止めて、体をずらして受け皿に小便を排泄する。

しかし、栓になっていた大便を排泄してしまったことで、体内に溜まっていた軟便がどっと押し寄せて来た。

ブビビビッ、ブボッ、ブリュリュリュリュ――ッ

ジャアジャアと小便をしている最中に、とどめきれなかった軟便が、どっと漏れ出した。
泥のような軟便は、僕の太股を汚しながらシーツの上に、ボトボトとこぼれ落ちて小山を作る。

僕はどうすればいいのかわからずに、救いを求めて保健医を見た。
が、保健医も困ったような表情をしている。

僕はどうしようもなく、ベットの上に獣のようにしゃがんだまま、大便と小便を漏らし続けるしかなかった。

そして最悪なことに、小便と大便の混じった悪臭はハンパではなく、僕は吐き気まで催した。

「ゲェ…、ぅ、オエェ…ッ」

シーツの上に盛大に吐瀉物まで撒き散らし、僕はとうとう泣きながら、排泄と嘔吐を続けた。

当然ベットの上は大惨事で、二度とこのベッドは使えそうにない。
さすがの保健医も言葉が出ないようで、保健室内は不気味なほどの静寂に包まれた。
関連記事


関連タグ : 露出, 小便, スカトロ, 嘔吐,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する