> アクセスランキング

ぼくのブリーフが展示された

ここでは、「ぼくのブリーフが展示された」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

僕が中学3年生になって間もない頃の話です。
当時僕は学校でいじめられていました。
無口で、友達も一人もいなかったので、標的にされました。
クラスは2年生のときと同じメンバーだったので、いじめっ子達も一緒のクラスでした。
身体測定の時です。
下着を見せる訳ではなかったので、その時は普段通り白いブリーフをはいていました。
体育のときとかは短パンやトランクスを穿いて、友達に知られないよう隠していました。




知られたら、更にいじめられそうだったからです。
身体測定が終わって、HRまで先生が居なかったとき。
突然後ろからいじめっ子の一人が僕は羽交い締めにしました。
そしてもう一人の子が、僕の上着の裾をまくり上げて、ズボンのベルトは外し始めました。
「俺等がもう一度身体測定してやる」といいながらニタニタしていました。
抵抗しようとしましたがあっという間に、ズボンを足下まで下ろされてしまいました。
そして、僕はYシャツの裾をまくり上げらて、白いブリーフを見られてしまいました。
それを見たいじめっ子達は「こいつブリーフはいている!」「だせぇ~~」と大きな声で笑ってました。
他のクラスの子も次第にざわつき始めました。
僕は頭の中が真っ白になりました。
いじめっ子達は「付いてるか検査してやる」といいながら僕のパンツを脱がそうとしました。
僕は、必死になって足腰を動かして抵抗しましたが、全然ダメで、一気にパンツを下ろされてしまいました。
「見ろよ。こいつ、ちっちぇ~」「しかも毛薄っ」「皮かむってるから小学生みたい」と、クラス全員の笑い声が響きました。
女子も居たので、一緒に見られてしまいました。
僕は、泣きながらじたばたするとオチンチンがプルプル揺れるので、更に爆笑の声が響きました。
その時は、まだ下の毛は生えかけだったので、「つるちん」と蔑まれました。

パンツを脱がされた後の話です。
パンツまで脱がされたあと、僕は泣きながらじたばたしました。
そのせいで足下にあったズボンとパンツが脱げてしまいました。
いじめっ子の一人が脱げたパンツを指でつまむように持ち上げて、騒ぎました。
そのとき先生が教室に近づいてくるという声で、一気に解散しだし、僕はあわてて、ズボンだけを穿きました。
そして、そのままパンツはいじめっ子にとられてしまいました。
返してほしいといいましたが、返してくれませんでした。

それから数日後、教頭先生の下駄箱に白いブリーフが押し込まれているという事件がありました。
最初は変質者の類いという疑いがあったそうです。
でも下着のサイズから子供用だったので、生徒の誰かの悪戯ではないかという見解でした。
それで、1年生の子向けに対し、担任の先生から、ちょっとした捜査があって噂になってました。
結局誰の物かもわからないので当分の間、校内の落とし物室に預けられることになりました。
落とし物室に預けられた落とし物は、生徒会室前の廊下のショーケースに入れられるのですが、そのパンツも置かれていました。
僕は恐る恐る確認しにいったとき、自分のパンツだと確信しました。

人生で最初のイジメもきっかけはパンツでした。
僕がはじめて、いじめられるようになったのは、小6のときです。
僕は小6になるときに、転校しました。
転校した先で馴染めなかったこともあって孤立してました。
そんなある日の体育の着替えの時です。
僕はその時、白いブリーフを穿いてました。
転校前の学校では、5年生の時でもブリーフを穿いている子がほとんど居ました。
白が6割、青や灰色や水玉模様が4割位。
唯一2人だけが柄付きのトランクスを穿いてましたが、他はブリーフでした。
だからなんの違和感もなくブリーフを6年生になった時も穿き続けてました。
でも、転校先の学校では、ブリーフを穿いて いる人は全く居なくて。
みんな、ボクサーやトランクスを穿いていました。
おまけに、その時はアニメのパンツ(白地にお尻にポケモンの絵が入ったパンツ)を穿いていってしまいました。
それで、冷やかされて、徐々にエスカレートしていきました。
関連記事


関連タグ : いじめ, ブリーフ, 短小, 包茎,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する