> アクセスランキング

夏休みはずっとセックスしてた

ここでは、「夏休みはずっとセックスしてた」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

小五の夏休み、近所のアパートに住む十九才のおにいちゃんと仲良くなって毎日遊びに行ってた。
ゲームとかたくさん持ってたから、何回行っても飽きなかった。
その日もプールへ行った帰りに立ち寄ったら、出迎えてくれたおにいちゃんはパンツ一枚の格好でした。
あっちゃ~、みたいな顔してるから彼女がいるんだと思って帰ろうとしたけど、部屋に入れてくれた。

中はすごく汗臭かった。
そして僕が見たものは、ベッドの上ですっ裸で横になってる僕と同い年くらいの男の子でした。
僕は何なのか分からなくてびっくりした。
その男の子もびっくりして、慌てて布団の中に隠れた。




おにいちゃんは「今二人で気持ちいい事してたんだよ」と言った。
「ナツキくんもしてみたいかい?」と言われ、何も考えずに頷いてしまった。
「じゃ服を脱いで裸になってごらん」って言われたけど、動けずにただ立っていたらベッドの中の子に何かヒソヒソ話して、
そしてその子が出てきて僕の服を脱がせてきた。
僕より少し背の高いその子は隣の小学校の六年生でカズマくんと教えられた。

カズマくんは僕のシャツを脱がせ、さらに半ズボンとパンツも脱がした。
そしてキスしてきた。
男同士なのに全然嫌じゃなくて何だかウットリしてしまった。
ハッと気が付いた時にはビンビンに勃起したおちんちんをカズマくんに触られてた。

それから胸やおへそにもキスされて、とうとうおちんちんにもキスされた。
くすぐったくて変な感じだったけど、とても気持ちよかった。
しばらくしてカズマくんが「僕にもやって」と言ってきたので、今度は僕がカズマくんの前にしゃがんだ。

カズマくんのおちんちんは僕のより大きくて毛も少し生えてた。
僕が顔を近付けると手で皮を剥いて赤い部分を出した。
ちょっとおしっこの匂いがしたけどそこにキスした。
そしたらカズマくんは僕の頭を押さえて口の中におちんちんを全部押し込んできた。
苦しかったけど、カズマくんが気持ちよさそうな声を出すから舐めてあげた。
カズマくんはすぐに射精たんだけど、精子が喉の奥に当たって思いっきりむせてしまった。
顔を離して初めて気が付いたんだけど、その時おにいちゃんはカズマくんのおしりに自分のおちんちんを入れていた。

しばらく唖然として、気持ちよさそうなカズマくんの顔を見ていた。
やがておにいちゃんがカズマくんから離れて
「さ、今度はナツキくんの番だよ」と言った。

立ち上がると僕の後ろにきておしりの穴に何か冷たくてぬるぬるするものをつけた。
指が一本、また一本と入ってきてそのたびに僕のおちんちんはビクッてなった。
そしておにいちゃんのおちんちんが入ってきた。
熱くて硬かった。
カズマくんは僕の前にきておちんちんをいじった。
べりって感じがして皮が剥けたら、口に入れて舐めてきた。
気が狂いそうな程気持ちよくてすぐに初めて射精をしてしまった。

その後もカズマくんとおちんちんやおしりの穴を舐めあった。
よつんばいになった僕の後ろからカズマくんのおちんちんが入ってきた時は、
大きさがちょうどよかったからか、おにいちゃんの時より気持ちよかった。

「おれ初めて入れるんだー」と言いながら出し入れしてきて、何回も僕の中に射精した。
僕もカズマくんのおしりで何回も出した。
おにいちゃんは僕らのエッチをビデオで撮影したり、時々加わったりしてた。
夏休み中ずっとそうやって乱れてました。
カズマくんとは中学で同じになり、毎日学校でも家でもやりまくりです。
関連記事


関連タグ : ホモ, 射精, フェラ, アナルセックス, 乱交,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する