> アクセスランキング

国語の先生に調教された

ここでは、「国語の先生に調教された」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

国語の先生(28歳)と、放課後の宿直室で二人きりになったときに抱かれて以来、先生の虜です。
ボクの先生は、ちょうど彼氏と別れたばっかりと言うこともあったのか、
ものすごく、ボクの体を可愛がってくれました。
先生は見た目はすごくおとなしそうな目の綺麗なふわっとしたイメージの人です。
ところが、Hでは全然違ったんです。
はじめ、放課後の教室で話をしていたんだけど、そのうちに、先生
「ねぇ、キスしていいか?」って聞いてきたんです。
先生のこと嫌いじゃなかったし、興味もあったから、「いいですよ」って簡単に答えました。




はじめは、普通の軽い唇が触れるくらいのキスでした。
でも、先生はそれだけでやめてくれませんでした。
気がつくと先生はボクを宿直室に連れ込み、ベッドの上に押し倒していました。
私も何がなんだか分からなくなってきて、先生にしがみついていました。
もう、先生のキスは唇ではなく、首筋に移っていました。
ボクはただ「気持ちいい」って言い続けてたそうです。
そっと、制服の上から股間を撫でられて、体がビクビクしていました。
だんだん、声が溢れ始めたとき、先生が耳元で「廊下に響いちゃうね」って笑いました。
はっと気付いたボクは先生を押しのけて起きあがろうとしました。
ところが、普段の先生からは想像できないほどの力で押し返されたんです。
「先生のこと嫌いになった?」
聞いてくる言葉は信じられないくらい強気で
「そんなはずはない」という自信が込められていました。
「嫌い・・・じゃない」
「これ、いや?」
「いやじゃない・・・」
「じゃ、させて」
「でも・・・」
「何もしなくていい。先生にさせて」
そう言われて、いままでのとは違うすごく深いキスをされました。
先生の舌が、ボクの舌に触れたとき、もう、どうなってもいいと思いました。
ワイシャツのボタンが外され、胸を直接、手で撫でられ、ただ喘ぐしかありませんでした。
先生の唇がだんだんと下に降りてきて、右の乳首を口で、左を手で転がされていた
ときには、もう、勃起はビンビンでガマン汁でぐちゃぐちゃになっていました。
足で先生の腰を、手で先生の頭を抱きしめて、おかしくなりそうなくらい感じていました。
先生が、ボクの制服と下着を一緒に脱がしてくれたとき、
早くして欲しくて自分から抱きついて、ボクも先生の服を脱がせました。
先生は女物のパンティを履いていました。
ボクはパンティ脱がし、勃起にしゃぶりついていました。
「あっだめ!!」
先生がすごく色っぽい声を出して、ボクを抱きしめてきました。
そのままずっと舐めていると、先生の息もどんどん荒くなってきて、
突然、ボクの肛門に触れてきたんです。
もう、とろとろになっていたので、先生の指が簡単に滑っていきました。
先生はボクのとろとろのガマン汁を指に取るとそれを肛門にそっと塗って擦り始めました。
気持ちよくって、気持ちよくって、恥ずかしいのも忘れて腰を振っていました。
「寝て」
そう言われて、もう一度仰向けに寝ました。
先生はボクの両足を大きく開かせました。
すぐに閉じようとしましたが、先生の体が入り込んでいたので無理でした。
それどころか、膝に手を当てると、肛門を上に向けるようにしてボクの足を押したのです。
恥ずかしくて恥ずかしくてたまりませんでした。
先生は肛門を指で大きく開くと、
「ここ、すごく綺麗だ。」
とうっとりした声でつぶやいてくれました。
先生は、ボクのまだ何も入れられたことないところに何度も何度もそっと触れてきました。
「ねぇ。すごく濡れてきてる。溢れてるわよ。ヒクヒクしてる」
そう言って小さく笑われると、恥ずかしくて、
いっそめちゃくちゃにかき回して欲しいくらいでした。
「ダメ、恥ずかしい。」
やっと、それだけ言ったときに、いままでとは違う柔らかい感触がしました。
先生が肛門を舐めてくれてたんです。
初めての舌の感触は、強烈なほど気持ちよくて「ダメ、ダメ」と繰り返しながら、
先生の頭を抱え込んでいました。
いったん口を離されて、どっと気が抜けた瞬間、今度は亀頭を噛まれました。
指で肛門の入り口を優しく撫でられながら、亀頭を歯で軽く扱かれるんです。
だんだん、頭が真っ白になってきて、先生に強く噛まれた瞬間にイってしまいました。
生まれて初めて、体が痙攣するほどイってしまって、勃起がびくびくと脈打ってしまいました。
「イっちゃった?」
と聞かれて、ボクは夢中で頷きながら先生にキスをしました。
先生の口の周りは精液でとろとろで、キスはボクの精液の味がしました。
やっと落ち着いてきたとき、まだ、先生の手が、ボクの肛門にあることに気付きました。
「先生、手・・・」
と言うと、先生は
「中に入ってるの分かる?」
と言って、指を動かしました。
何がぞくぞくっとする感じが体中を走って
「・・・はぁっ、あっ」
抑えきれない声がでました。
「いま、中に入ってるよ。ほんとにしたことないんだ。すごく、きつい・・・」
そう言うと、指を円を描くように動かし始めました。
「痛い?」
「ううん、痛くない。して。して」
ボクは、もう、自分からして欲しいと口にしていました。
すると、先生は円を描くように動かしながら、出したり入れたりし始めたんです。
だんだん、変な、いままで感じたことのない感覚が襲ってきて、夢中でしがみついていました。
そして、声もでなくなるくらい、よくされたあと、
「自分で拡げて」
と言われて、自分の両指で、肛門を大きく拡げさせられました。
そして、先生は勃起を舐めながら肛門に指をたくさん入れてくれました。
このときは、少し痛かったけど、先生が勃起をすごく激しく舐めてくれたの
で、それどころじゃありませんでした。
前から流れてきたものをつけて、指が4本入りました。
全然痛くなくて、それどころか間の部分を挟むように両手で擦られて、一度目よりずっと激しくイってしまいました。
もう、体中の力が入らなくて、ぐったりしていると先生が優しく何度もキスをしてくれました。
ボクは先生の勃起に、体を擦り付けました。
先生の足の間にボクの足を絡めてしがみついていると、ボクの太股に暖かいとろっとした感触がありました。
先生もボクと同時に射精していたんです。
ボクはそっと手を伸ばして、先生の勃起に触りました。
「あっ」 先生は可愛いらしい声をあげて、ボクの腕に爪を立てました。
その声を聞いたとたん、ボクもしてあげたくて仕方なくなって、
「ボクもする」
と言って先生を押し倒しました。
でも先生は
「じゃ、一緒にしょう」
と言ってボクの勃起にもまた触れてきたんです。
ボクは先生にも気持ちよくなって欲しかったから、
「ダメ、ボクがする」
と言って聞きませんでした。
そうしたら、先生は少し意地悪そうに微笑むと、
「じゃあ。69しようか」
と言ってきました。
「じゃ、先生の顔跨いで」と言われたんです。
まさか自分が上になるとは思わなかったので、できないというと、先生は
「だったら、横向きでしよう」と言ってくれました。
ボクは先生の方に足を向けて横になり、先生の足の間に顔を近づけました。
先生は、ボクの肛門を開いて「赤くなってる」と言いながら、入り口を舐めはじめました。
ボクは我慢できなくなって、先生の肛門を大きく開いて、いきなり中に舌を入れました。
そして、ガマン汁が溢れている先生の勃起や玉袋、肛門襞まで舐めまくりました。
「あっ」
先生が声をあげたとき、熱い息がボクの肛門にもかかります。
もう、夢中になって、舐め回しました。
ボクが舌を動かすたびに、ボクの肛門でも先生が舌を動かしてくれます。
ボクが顎を動かすと
「いや、いや」言いました。
ボクの顎は先生の肛門にぴったりとくっついていたのです。
ボクは先生の肛門をそっと撫でながら、尿道口に舌を深く刺し、顎を小さく動かしました。
すると、先生は声をあげて大きくのけぞり、ボクの肛門の中に一気に何本もの指を入れ、
勃起を吸い上げてきたのです。
ボクも、ひどく感じてしまって、先生の肛門の中に3本もの指を出し入れしながら、
勃起をきつく吸ったり、舐めたりしていました。
ボクは、また、だんだんおしっこがしたくなるような感覚に襲われてきて、足ががくがくしてきました。
でも、先生の肛門も、ひどくきつくなってきて、勃起は堅くとがっていました。
ボクは、またイきたいのを我慢して、もう、めちゃくちゃに先生の肛門をかき回し、
先生がしてくれたように亀頭を歯で扱い、最後に、肛門に一気に4本指を入れてしまいました。
すると、先生は「ああっ」と大きな声をあげて、いままで一番深く指を差し入れてきました。
ボクは、前立腺に指が当たった瞬間にイってしまい、先生の顔に射精してしまったのです。
先生も同時に、大きくのけぞりながらイっていました。
全身の震えが収まらず、先生の勃起に顔を埋めてしがみついていると、
先生がボクの肛門にきつくキスをしてくれました。
今度は四つん這いにされました。
「いいかい、いくよ。」
先生の勃起がボクの肛門に徐々に埋まっていきます。
痛みは無く、全身が痺れるような感覚でした。
根元まで埋まった後、徐々に先生の動きが早くなりました。
ヌチャヌチャ・・いやらしい音が宿直室に響きます。
「いい、いい、出る、でる、でるよ。」
その声で、ボクもまたイってまい、初めての体験で、トコロテンでイってしまいました。
正気に戻ってから、顔に射精してしまったことを思い出し、大急ぎで先生に謝ったら、
「いいよ、気にしないで。でも、スケベだって証拠ね」
と言って、くすくす笑われました。
先生とはいまでも続いています。
女装も教わって、最近は、SMの調教も受けています。
メールで、調教されて、授業中に、オナニーさせられたり、リモコンバイブを動かされたり、
週に何回も、先生のアパートに通ったり・・。
見た目のお坊ちゃまとは大違いのすごく強引な人です。
でも、すごくHで、すごく可愛い、大好きな人です。。
先生以上に気持ちいいことしてくれる人はいないです。
関連記事


関連タグ : ホモ, 射精, フェラ, アナルセックス, シックスナイン, 先生,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する