> アクセスランキング

ドMな僕の初体験

ここでは、「ドMな僕の初体験」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

僕は今中学3年生。
ゲイに目覚めたのは小学6年生の時だった。友達5人で後輩の家に泊まりにいった。夜遅くまで
ゲームをした。

夜2時位になると俺と光以外はみんな寝た。すると…

光『俺たちも寝る?』
貴文『うん』

だが眠れなかった。光に話しかけてみた。




貴文『起きてる?』
光『うん。寝れねぇ~』
貴文『暇だね。』

すると光が強引に俺の手を取り光のチンポに近づけた。勃起していた。

貴文『何で勃起してんの?』
光『わかんねぇ』

すると俺の手で光がチンポをしこりはじめた。

貴文『やめろよ。自分の手でやれよ。』

光が起き上がり『黙れ!!』いきなり俺の腹を殴ってきた。
俺はMだから殴られたりされると『あっ』と感じてしまうのだ。

光『何感じてんの?ホントはしたいんだろう?』

と言われてトイレに連れていかれました。後輩の家のトイレはとても広く余裕で寝れるぐらいあ
りました。

光『おい!!俺としたいんだろう』
貴文『したくないよ』

と言った途端にまた殴られました。
だからまた『あっ』と声が出てしまいました。すると光は俺のチンポを揉みはじめました。
俺は思わず光を押し倒してしまいました。すると光が怒って殴り
ズボンを脱がされチンポをおもいっきり握ってきた。

貴文『い……たぃ……やめ…って』
光『じゃぁしゃぶれ!!』
貴文『それは嫌』

光が俺の乳首を舐めてきて、

貴文『あーーーーーーん』

と思わず叫んでしまった。すると光が『うっせぇんだよ』といってまた腹を殴ってきた。
もぅ痛すぎて光に『舐めさせてください』って半泣き状態でいうと光が『そうだろう。舐めたいんだろう』

貴文『光様の大きなおちんちんを僕の口にください』

と言った。
そしてチンポを口の奥まで入れられて思わずむせて噛んでしまった。
すると光が『痛いだろうが!!もっと優しくできんとか!!』といって俺の尻を10発ぐらい叩いてきました。
すると俺は『あっ…もっと叩いて』と言った。すると手が止まり『どがんしたと?』と聞くと
光は何もいわない…すると次の瞬間『あーーーー痛い!!』とまた叫んでしまった。
光が俺の尻に指を3本おもいっきりいれてきたのです。

光『どぅだ?気持いだろう?』
貴文『痛い』
光『気持いって言え!!』

と言って中でえぐりはじめた。

貴文『気持い…です。光のチンポが欲しい』
光『やっぱお前エロいなぁ~』

と言って俺の尻にいれてきた。光は物凄く早くピストンしてきた。『あっ…アッ…アァ~ん』光
はなかなかイカなかった。あまりに速すぎてケツの穴が裂けそうだった…
関連記事


関連タグ : ホモ, 射精, フェラ, いじめ, アナルセックス,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する