> アクセスランキング

後輩に生で掘られた

ここでは、「後輩に生で掘られた」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

お初です。宜しくお願いします。
俺は陸上部なんですけど、めっちゃかっこいい後輩にやられてしまいまいました。
昔から、先輩にも後輩にも男女問わずに可愛いと言われてきた俺ですが、こくられたのは初めてでした。
後輩も俺もムダ毛は生えて無いんですが後輩のSは格好いい系です。
俺よりも背が高くスラッとした身体でいいです。




この前の日曜日、午前の練習が終わってみんなが帰った後1人で着替えをしていました。
(その日は、片づけ当番だった)
シャワーを気持ちよく浴びていたらバタンッと部室のドアが開いたような音がしました。
「だれ?」
みんな出てってから30分は経ってるし、おれは不思議に思って高い声で聞いてみました。
しかし、返事は帰ってこないで、足音が近づいてきました。
そしてシャワールームに入ってくると俺の使っている所の前にくると声が聞こえました。
「先輩・・・・」
それはSの声でした。
「な、中に入ってもイイですか?」
そんなことを聞かれるとおれは絶句しました。
しかしそんなおれの返事は待たずに服を脱ぎ始めたようでした。
そして、カーテンをシャッと開かれるとそこには綺麗な身体を全裸にして立っているSが居ました。
「先輩・・・・」
さらにきゅうにおれに前から抱きついてきました。 
俺のナニとSの何故か勃ちあがったナニがあたって俺はおもわず声をだしてしまいました。
あまりにも大きすぎるそれに感じてしまって。
「先輩・・・す、好きです・・」
そんなよそうもしなかった言葉にまた口が動かなくなった。
「あ、お・・・俺も・・」
ついついそんなことばを言ってしまいました。
Sはそれを聞くと笑って聞いてきました。
「H、してもいいですか?」
この言葉にも素直に頷いてしまいました。
「あ・・・」
いきなり四つん這いにさせられ、Sが後ろに来ました。
そして、熱い物を急に俺の穴に入れてきました。
しかし太い物がいっきに入るわけでもなくゆっくり挿入してきました。
「あん・・あっ・・あっ・・・・・」
俺は少し入るたびにそんなエロい声を上げていました。
そしてSの長いものが全部収まってしまうとSはいれたり抜いたりしてきました。
しばらくそれを繰り返していると、
「先輩、中に出してもいいですか?」
と聞いてきましたが俺もSに自分のものを扱かれていたので絶頂感を迎えていました。
俺は絶頂感のせいでくびを振ることしかできませんでした。
そして俺はそとで放出し、俺の中で熱い液体が放たれました。

     
これっきりというかそれからSには会わないように部活に出てません。
この前の日曜日なんだけど・・・ 
Sと付き合うべきでしょうか
関連記事


関連タグ : ショタ攻め, ホモ, 射精, アナルセックス, 中だし,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する