> アクセスランキング

野球部の主将はド変態

ここでは、「野球部の主将はド変態」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

はじめまして。
今、高校2年なんですけど、体験した話を投稿します。
2ヶ月ほど前のことです。
俺のクラブは水泳部なので、冬場は陸トレで、
筋トレの後、6kmコース走ったら勝手に終わっていいので、
その日も早く終わって、食堂でクラブの仲間としゃべっていました。
そこに野球部の連中が入ってきました。




珍しく早く終わっているなあと思っていると、
野球部の主将(同じ学年で、多分隣のクラス。よく知らない)が、
「なあなあ、○○くん。
 話があるねんけど、ついてきてくれる?」と話し掛けてきた。
(以後、○○は俺の下の名前が入る)
何の用事かなと思ってついていった。
学校の隅にある、PTAとかが集まって話す会館みたいなところがあって、
その裏に着いた。

「何の用?」て聞いたら、
「○○くんって可愛いよなあ?」って言ってきた。
「は?」って言ったら、
「前から好きやってん。付き合って欲しい」って言われた。
かなり驚いたけど、冷静になって考えると、
俺は野球部がゲームかなんかして、その罰ゲームかなと思った。
「罰ゲーム、お疲れさん。なかなか頑張ったな」って言ったら、
「本気やし! マジで好きやねんって!
 頼むから、付き合って!」って言うから、
「迫真の演技だね」って言うと、
「じゃあ証拠みせるわ。その証拠、今持ってるから、
 目を瞑って」とか言うから、目を瞑ったら、
頭とアゴを持ってきてキスをしてきた。
しかも長いので振り払った。なんかドキドキしてしまった。
「これが、証拠や」って言う。俺は黙っている。
今度は抱きしめてきた。
放心状態で、何がなんだかわかんなかった。
なんでドキドキしてるんだろって、
この時初めて男の人に、何と言うのか、
恋心に近いものを感じていたのだ。
俺を抱きしめながら、「俺と付き合ってくれるよな?」と。
「いいよ」と言ってしまいました。
食堂に戻って、友達に「なんやったん?」って聞かれて、
「顧問の先生のところに行ってた」と言って誤魔化した。
その日は一緒には帰らなかったけど、
その次の日からは、一緒に帰るようになった。

2週間ぐらいして、
金曜日に「明日休みやし、俺んちで勉強しようや」と言ってきて、
翌る日、家に行った。(かなり遠くて疲れた)
2時ぐらいに着いて、6時ぐらいまで勉強したり、
ゲームしたり、遊んだりしていた。
俺は、普通の友達のように接していた。
「そろそろ、帰るわ」と言うと、
「晩ご飯食べていけば? おかんが作ってるで」って。
せっかく作ってもらったので、呼ばれていき、
部屋に戻って帰る支度をしていると、「ゲーム、しよ!」と言う。
まあ、30分ぐらいならいいかとゲームをしていたら、
知らない間に8時半を過ぎていた。

「じゃあ帰るわ」って言うと、
「終電に間に合わんから、泊まっていき」って、見え見えの嘘をつく。
「うそだね?」って言ってバイバイと言いかけたその時、
後ろから抱きついてきた。
「放して」って言うと、ギュッて抱きついて離れない。
「やめて」って言っても離れない。
そして、やっと離してもらえたかと思ったら、
近くのベッドに押し倒されて、俺の上に体を重ねるように乗ってきて、
押さえつけられるような感じでした。
ジタバタして離そうとしたら、
「俺達、付き合ってるんやから、嫌がることないよ」と言ってきた。
何回も「離れて!」って言っていると、離れてくれ、
ベッドに座り込むような形になりました。
「ごめん、興奮して」と謝ったので、
とりあえず楽になったし、いいやと思っていると、
「お願いがある。俺の目を見て、
 かわいい声で『お兄ちゃん』って言って」と言うので、
とりあえず適当に言うと、
もっと可愛い声で言ってと言われたので、可愛い声で言うと、
猛烈な勢いで、俺にキスをしてきた。まさにビックリ仰天。
「ごめん、我慢できひんかった」と言い、
今度は「マジで可愛いよなぁ」って言いながら、俺の顔中を撫でてきた。
ドキドキはしていたが、それが嫌で、後ろに下がって行ったら、
また俺に乗っかかてきて、完全に身動きの取れない状態にされた。
「可愛い顔にキスするぞ」って、顔中にキスをしてり、舐めたりしてきた。
口にキスする時も、舌を入れてきた。ヤバかった。
ここまでされるとは思ってもいなくて、かなりショックだった。
1回ぐらいのキスならいいけど。

そして、とうとう服を脱いでと要求された。
「意味わかんないし~。
 まさかエッチしようとか考えてないよね?」と言うと、
「うん、そうやで。
 だって、俺、○○のこと好きやもん!」と真剣な顔で言う。
「そんなん、やだって!」と言うと、
「じゃあ、俺脱ぐわ」って言って立ち上がり、脱ぎ始めた。
今起こっていることに唖然として、脱いでいくのを見ていた。
とうとう全裸になり、
「早く脱いで。恥ずかしかったら脱がしたるで」と言う。
正気に戻り、「風邪引くから、服着なよ!」と言うと、
段々近付いてきて、「じゃあ、抱きしめさせて」と言って、
言い返す言葉を考えてるうちに、正面から覆い被さってきた。
こんなシチュエーションはもちろん初めてで、パニくりそうになっていると、
知らない間にズボンのホックとファスナーを下ろされていた。
ビックリして、「やめろや!」って立ち上がったのと同時に、
ズボンを完全に下ろされました。
慌てていて、パニくっているうちに、パンツも下ろされました。
「見んなや!」と言うと、
「エッチしないから、○○の裸見るだけやから!
 お願い! 約束する、エッチはしないから!」と言う。
修学旅行の風呂の時も真っ裸だったし、
エッチしないと言っているので、いいかと思い、
「エッチしないなら、いいよ」と言うと、
「やったぁ~! じゃあ、可愛い声で俺の目を見て、
 『お兄ちゃん、服脱がせて』って言ってや~」と言うので、
エッチされるよりはマシかと思い、言ってあげると、
「仕方がないなぁ~。お兄ちゃんが脱がして上げよう」とか、
訳のわからないことを言って、俺の服を脱がしていきました。

全裸になると、
「エッチはしないから、横になって」と言うので、横になると、
相手も横になって、騙されたって思って立ち上がりかけると、
「何もしないから。そのままにして。顔見せて」と言う。
向き合う形になり、見つめ合ったまま、暫く沈黙が続く。
「ちょっとだけでいいから、抱きしめさせてくれる? お願い」と言うので、
「別にいいよ」と言った。
俺は、相手の厚い胸板に顔を埋めているみたいな感じでした。
「背中に手を回して」と言うので、そうしました。
すると、また例の発作です。
「『お兄ちゃんって温かいね。お兄ちゃん、だあいすき!』って、
 俺の目を見て、可愛い声で可愛く言って」と。
俺は心の中で、こいつ黙っていると思ったら、
俺になんて言わそうか考えていたなぁと思いつつ、
言われた通りにしました。すると、
「俺も○○のこと、大好きやぞ!
 ずっと一緒にいよな!」と言って、俺の頭を撫でました。

いきなり素に戻り、
「このまま1ヶ月付き合ったら、エッチしてもいいよな?」と聞くので、
そんなに続かないだろうと思い、「別に好きにすれば」と言いました。
俺はその時、男同士がエッチをするなんて想像もできなかったし、
勝手に言っているのだろうと思っていました。
それから1時間ほど、例の発作が十数回あり、
「服着ていい?」と聞いて、
「いいよ」と答えてくれたのが、なんと10時!
駅までのバスがねぇ!
駅まで歩くと、小1時間かかるし、また雪も降ってるし、
終電に間にあわねぇ!ことに気づき、
「泊まっていけよ! って言うか、元々○○を泊めるつもりだから、
 親もご飯作ったし、さぁ風呂一緒に入ろう!」と言う。
1人で入ると言ったが、聞き入れてもらえず、一緒に入った。
親にも一緒に入ると言っていた。
(親は、息子がゲイであることを知っているのか?とも思った)

風呂でまた発作。
「『お兄ちゃん、体洗って~。お・ね・が・い』って言って~」
仕方なく言うと、俺の全身を洗った。
そして、風呂をあがると、さっき相手がおいていたパジャマがあった。
パジャマは普通なのだが、パンツが白色のTバックで、
「何これ?」
「穿いて」
「は?」
「穿かしてあげる」
「自分で穿くわ!」と言って、自分で穿いた。
ちなみに、彼のパンツもTバックで、虎模様だった。
そして、部屋に戻って、ゲームを2時間ぐらいして、ベッドに入った。
「さっき見たいしよ。でも、パンツは穿いてて」と言って、
1時間半ぐらい、彼の例の発作に付き合わされた。
覚えている内では、
「『お兄ちゃん、キスして』
 『お兄ちゃん、○○のこと好き?』
 『お兄ちゃん、もっと強く抱いて!』
 『お兄ちゃん、いつまでも一緒にいていい?』と言って~」で、
その間、何十回とキスされています。よく飽きないものだ。
そんな感じで、その夜は終わった。
瞬く間に、それから1ヶ月の月日が流れた。
一緒に映画や、買い物や、遊園地や、カラオケや、
ボーリングとたくさん遊んだ。観覧車でキスしたりもした。
俺は1ヶ月前に、『1ヶ月経ったら、エッチしてもいい』と約束したことを、
すっかり忘れていました。
そして、そんなことを忘れていたので、のこのこと彼の家に行きました。
そして部屋に入り、いつも通りゲームをしていた。
何十分かして、
「なぁ○○、明日学校ないし、クラブもないやろ?
 泊まっていたら?」と言う。
また、例の発作を起こされては困るので、
「いや、いいよ。お構いなく~」と上手く流せたと思っていると、
「1ヶ月前に約束したこと覚えてるよな?」
「何だったったけ?」
「1ヶ月経ったら、エッチしてもいいって約束したやろ」
俺は、ハッとした。すっかり忘れていた。
「今日泊まって言って」と言うが、言葉が出てこない。
確かに、俺は1ヶ月の間一緒にいて、
完全に好きになってしまっていたが、エッチはしたくなかった。
「俺は、○○が約束破るようなことはしないって信じてるで。
 よし! 夜になるまで遊ぼう!」と、かなりハイテンション。
俺は、男とエッチするって、どういうことかわからなかった。怖かった。
とりあえず、遊ぼうと言っているので、話題が変わったし、
このまま忘れてくれることを祈ろうと思った。

外に出て行き、暫く歩いたところにあるテニスコートで、
テニスを日が暮れる頃までした。
テニスをしている時は忘れていたが、
終わって、家に戻る時に思い出した。
どうして逃げようかとか考えていると、手を握ってきて、
「俺は初め、○○が転校してきて、
 初めてみた時、○○が可愛いから一目惚れしてん。
 実は外見が好きやから、告白してん。でも、今は違う。
 1ヶ月一緒にいて、○○の中身にも惚れた。今は○○の全てが好きや。
 これからもずっと一緒にいたいと思う」と、
真っ赤な顔して、空を見ながら言った。
俺はなんか嬉しくて、ここまで思われてるんだったら、
エッチしてもいいかと思った。
家に帰って、おばちゃんが作ってくれた夕飯を食べ、
ゲームをして、風呂に入って、ベッドに入った。

何をされるのだろうかと不安に思っていると、彼は俺の上に乗ってきて、
俺は上のパジャマのボタンを外され、俺の胸や乳首を嘗めてきた。
ビクッとすると、俺の髪を撫でて、「大丈夫」と優しい顔で言う。
そして、キスをされた。
「エッチしている時、俺のこと、お兄ちゃんって呼んでな」って言う。
「わかった」って言うと、
「お兄ちゃんの言うこと、よく聞くいい子だね~。
 お兄ちゃんが気持ちいいことをしてあげよう」と言って、
下のパジャマをパンツごとずらした。
そして、俺のチンポをぎゅっと握った。
なぜか、俺のチンポは起っていた。
「そこは、止めて!」と言うと、
俺のチンポをピストンして、
「どう? 気持ちいいやろ?」と言うので、
「マジでやめて!」と言うと、
「可愛いなあ~。もっと、動かすぞ!」と言って、激しくピストンされた。
「出るからやめて!」と言ったけどやめてもらえず、とうとう出してしまった。
俺は、ショックで唖然としていると、
俺の体に掛かった精子を舐めてきれいにした。

その行動に驚きつつも、
とりあえずこれで終わったと思って安心していると、
「今度はお兄ちゃんの番やな。
 今、俺がしたこと、俺にもして」と言う。
「それはできないよ」と言うと、
「じゃあ、俺座るから、俺のチンポ持ってやって」と言った。
仕方なくしてあげると、
「『お兄ちゃん、お兄ちゃんのちんちん、しゃぶらせて』って言って」と言う。
俺は手を止めて、「は?」と言うと、
「言って!」と言うので、言うと、
俺の顔に自分のチンポを持ってきて、無理矢理口に入れられた。
俺の後頭部を押さえつけて、
「舌を遣って嘗め回して!」と言う。
俺は苦しくて、首を横に振る。
「してくれたら、解放したるから!」と言うので、
俺は恐る恐る舌を遣って舐めた。
「もっとお兄ちゃんのちんちん、嘗めて!
 あかん、気持ちよすぎて出る!」と言って、俺の口の中に精子を出した。
凄い勢いで、少し飲んでしまった。
気持ち悪くて、口の中の精子を出そうとすると、
「ごめん! 口の中で出すつもりはなかってん!」と言って、
ティッシュで口の中に残った精子をふき取ってくれた。

そして今度は、
「『お兄ちゃん、俺のちんちんしゃぶって』って言って」と言うので、
やけくそになり言った。
案の定、俺のチンポをこれでもかと言うくらい嘗め回した。
それが気持ちよく、彼の口の中で出してしまった。
彼はそれを飲んだ。ビックリした。
と言うか、2回もヤッてしまったと思ったが、
もうどうでもいいやって感じになっていた。
それから彼は、
「上を向いて寝ころぶから、
 その上にちょうど重なるように乗ってきて」と言うので、乗ると、
「『お兄ちゃんの胸板厚いよね。
  舐めていい?』って言って舐めて!」と言うので、
もうここまできたらヤッたれと思って、
言われた通りに言い、言われた通りにした。
今度は「『お兄ちゃん、○○の全身舐め回して』と言って」と言うので、
言うと、本当に嘗め回してきた。

そして、俺の両足の足首を持って、それを頭の方に持っていった。
俺は、赤ちゃんがパンパースを取り替える時のような格好になり、
「恥ずかしいからやめて!」と言うと、
クチャクチャと俺のお尻の穴を舐め始めた。
「ちょっとやめて! なんでそんなとこ舐めるの?」って言うと、
「○○の全てが欲しいねん」と言って、指を入れてきた。
「ちょっと何してるの?」と言うと、
「もうすぐ俺は結ばれる」とか、意味のわからないことを言う。
指を2本入れてきた。そして、中で回した。
「痛いからやめて!」と言うと、
「ちょっと我慢して。ごめん」
クチュクチュ鳴っていて、凄い嫌だった。
3本入れてきた。
「マジでやめて!」と言うと、「よし!」と言って指を抜いた。

やっと解放されたと思うと、彼は自分のチンポを入れたきた。
「何考えてるの! やめて!」と言うと、
足首を持ったまま、腰を前後に動かして、
出したり入れたりしてきた。普通に痛かった。
「痛い! やめて~」と情けない声が出る。
そして、中で精子を出した。
お尻の中がグチャグチャで気持ち悪かった。
俺のお尻の中の精子を舐めきった。俺は、半泣きだった。
すると、「ごめん、痛かった?」と言って、
頭を撫でてキスをしてきた。

5分ぐらい、ボーッとしていると、
「次は、俺のケツに入れて」と言って、
さっきまでの俺の格好をしてきた。
「舐めてからやって! 痛いから!」と言う。
「そんなんできないよ」と言うと、
「じゃあ、舐めるのはいいわ。穴のところにヨダレを垂らして」と言う。
すると、自分の手でクチュクチュしだした。
何度か指を入れて、
「さあ、お兄ちゃんの中に○○のチンポ入れて」と言う。
「ヤダ」と言ったが、
「お願い、入れて! ムズムズするねん。○○はやく~」と言う。
無視していると、何回もしつこいので、仕方なく恐る恐る入れた。
すごいイヤらしい声を出して、
「お兄ちゃん、今、すごい気持ちいい!
 前後に動かして!」と言うので、すると、
「もっと、激しく!」と言う。言われた通りにする。
「出るまでやって!」と言うので、出るまでした。
やっと終わって、座っていた。
俺は、泣いてしまった。こんなことされるとも思ってなかった。

すると、
「痛い思いさせてごめん。でも、これが男同士のえっちやねん。
 嫌やったら、もう入れることはしない。
 でも、それ以外のことやったら、またヤッてな。
 ホンマわがままでゴメン」と言う。
「もういいよ。済んだことだし。
 でも、もうお尻には入れないでね」と言うと、彼は笑っていた。
「もう寝ようっか」と彼は言って、横になった。俺も横になった。
「なんか凄い不思議な気分。
 俺、○○のこと大好きで、ずっと○○想像してオナニーしててんで。
 その○○が、今横で一緒に寝てるんやもん。告白してよかった!
 実は俺、○○とするまで、童貞やってんで。
 ○○は今まで誰かとやったことある?
 あと俺のこと、お兄ちゃんで」と言う。
「俺はあるよ。前の学校で付き合ってた彼女と。
 あと中学の時、東京の地下鉄で高校生に痴漢された。
 それと、男友達に告白されたの、お兄ちゃんで3人目だし。
 もちろん断ったよ。なぜかお兄ちゃんだけ、ドキッとした」
「嬉しいなぁ。てか、彼女おったんやぁ~。なんか嫉妬するし。
 今まで告白してきたヤツ、どんなん?」
……と、会話が1時間ぐらい続いて、寝た。

今でも、この野球部の主将とは付き合っていますし、
「お兄ちゃんプレイ」の他に、
「野球着プレイ」や「お医者さんプレイ」など、
彼はかなりマニアで困ってます。
彼は甲子園を目指しているそうです。
その支えになってくれと言われました。

最後に、文章が下手ですみませんでした。特に関西弁辺りが。
このページは、彼が教えてくれました。こんな世界やで、と。
最後まで読んでくれてありがとうございました。
関連記事


関連タグ : ホモ, 射精, アナルセックス,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する