> アクセスランキング

初めてみた白いおしっこ

ここでは、「初めてみた白いおしっこ」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ボクががまだ、小学校二年生のころでした。

その日は、友達も先に帰ってしまい一人で帰っていました。
そしてある細い路地に入ろうと曲がると、そこには学生服を着た高校生のお兄ちゃんがいました。
自転車に乗っていて、ボクの方をじっと見ています。

なんと、そのズボンの間からは、大きくなったおちんちんがニョキッと飛び出していました。




ボクは、初めて他人の大きくなったおちんちんをみたので、驚きの反面じっくり見たいという好奇心にもかられましたが、恥ずかしかったので無視して通りすぎようとしました。
するとそのお兄ちゃんは、自転車をおりて、並んで歩き出しました。
歩きながら、、自分のおちんちんをボクにみせつけ、手で皮をむいたりかぶせたりしています。

見ないように見ないようにと思っても、気になってチラチラと横目で見てしまうボクに、
「ねえ。キミのおちんちん見せて?」と言ってきました。

ボクは立ち止まって少し考えましたが、お兄ちゃんもボクに見せているのでいいかなと思い、思い切ってズボンをおろして見せました。

すると、お兄ちゃんはハァハァと鼻息を荒くして、自分のおちんちんを激しくこすりだしました。
ボクは背が低い方だったので、おちんちんはすぐ目の前にあります。
じっと見ていると、ボクの顔におちんちんをくっつけてきました。
おちんちんの先はぬるぬる濡れていて、ほっぺたにそのぬるぬるが着いたので、ちょっと汚いと思いました。
だんだん怖くなってきたので、おちんちんをしまって帰ろうとすると、お兄ちゃんが「まって、口に入れて」と言いだしました。

ボクは首を横にふって嫌だと伝えました。
「じゃあ、にぎって」と言うので、
早く帰りたいボクはしょうがなくにぎってあげました。
すごく固くて熱かったです。
さっきお兄ちゃんが自分でしていたようにこすってやると、ボクの頭をなでてくれました。
そして、すぐに腰を引いて路地のブロック塀におちんちんを向け、先っぽから精子をいっぱい出しました。

ボクはおちんちんからおしっこ以外のものが出るとは知らなかったので、その時はおしっこをしたんだと思いました。

お兄ちゃんは「ありがとう」といって自転車に乗って行ってしまいました。
関連記事


関連タグ : ホモ, 射精, 露出,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。