> アクセスランキング

先輩のおいしいチ○コ

ここでは、「先輩のおいしいチ○コ」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

去年の話です。部活が終わって、グランド整備のためホウキをとろうと部室に入りました。
でもほうきがぼろっちいのしかなくて、使えそうなのを探してると、
後ろから、そのとき部長だった先輩の、俺を呼ぶ声が聞こえました。

その先輩はというと、俺的にかっこいいなぁと思う先輩で、
見つめあったりして「何だよ~」とか言い合う仲(?)でした。
当時その先輩をおかずにしてオナニーしたりしてたんで、
部室に二人っきりになったのでなんだか興奮してきました。




先輩が部室のドアを閉め、1年生に貸し出していたラケットをなおしました。
もう俺の興奮は絶頂になって、あそこもびんびんです。
我慢できなくなって、先輩のちんこを握りました。
「おい何やってんだよ」とか言いながら、俺の手を振りほどこうとしましたが、
俺は必死に手を動かして先輩のちんこを勃起させました。

そして先輩にきすをして、座らせました。
ズボンを下げるとまずトランクスが目に入りました。
顔をうずめ、においをかぎました。
それからトランクスも下げると、今度はチン毛がめっちゃはえてて、むけてる先輩のちんこが目に入りました。

俺は我慢できなくなって、先輩のちんこを咥えました。
根元のほうをさすりながらちゅぱちゅぱとなめていると、
先輩がえろい顔をしながら「好き」といってきました。
「俺も好きです」といって、俺は先輩のちんこをなでながら先輩にきすしました。

何分かたって、先輩の名前を呼ぶ声が聞こえました。
俺はあわてて先輩から離れました。
俺がゆっくりと部室の外を見ると、もう集合の時間になっていました。
俺と先輩は着替えてなかったので、あわてて着替えました。
後で先生におこられましたが、そのときずっと俺のちんこは勃起してました。
また先輩とあんなことしてみたいなぁって毎日おなにーしてます。
関連記事


関連タグ : ホモ, フェラ, 先輩後輩,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する