> アクセスランキング

ヤンキーの肉便器にされたあの日

ここでは、「ヤンキーの肉便器にされたあの日」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

俺達は高三の受験生です。今年の休み、塾の帰りの出来事です。

友達の吉田と2人で塾から帰る途中、だいぶ遅い時間だったのですがゲーセンで遊んでいると、
俺達は恐面で背の高いヤンキー2人に突然因縁をつけられた。
その人達の言ってることに身に覚えがなく訳解んなかったのでゲーセンから逃げ出そうとしたら、
店の前に止めたあったワゴン車から仲間のヤンキー2人が出た来て前を塞がれしまい、捕まってしまった。
俺が「放せ!」って大声で叫ぶと、腕にタトゥーのある一番強そうな人に一発殴られ、
無理矢理車に押込まれてしまった。




ワゴン車の中はシートが向い合せになっていて、吉田は奥のシートに俺は前のシートに後向きに座らされ
そして俺達を挟むようにそれぞれの両脇にヤンキーが座りました。
車に乗せられ、これからどうなるのか不安になりうつむて半ベソ状態でいる俺達は
ヤンキー達にガムテープで後手に巻かれてしまいました。
その後もヤンキー達はいろいろ文句を言いながら俺達を小突いたり、腹を蹴ったり
タバコの煙を吹きかけたりしました。

「お前ら中坊のくせに生意気な格好してんじゃねぇー!」と俺を殴った人が言うと
服を破り捨てるように脱がされ上半身裸にされました。
しばらくすると車は倉庫みたいなところに入り、俺達は突飛ばすように降ろされました。
車から降りてきたヤンキー達5人は俺達に暴力を振るうことなく、リーダーみたいな人が俺達に目的を告げました。
「お前らみたいなガキ見てんとムカクんだよ。それにナンパしてもいい女ひっかかんねぇから
犯っても気持ちよくなんねーんだよ。今日は俺らがスッキリするまで付き合ってもらうゼ!」
といい、服を脱いでトランクス一枚になると、みんな腕や胸にタトゥーがありました。

そして俺達のジーンズをトランクスごと脱がし素裸にし、後手に縛られたままの俺達を押倒しました。
俺は怖くなり泣いてしまいましたが、吉田は暴れて抵抗したのでヤンキー達3人に殴られてしまい、気絶したようでした。
リーダーの人が俺に「あれを見よく見とけよ」といい、見ると5人の中で一番背の高い人が
吉田の肛門にチンコを入れていました。そしてその人はものすごい勢いで腰を振っていました。

はじめに俺を殴った人が、「お前、SEXしたことあんのか?」と聞いてきましたが、
俺は恐くて何も答えられずにいると、「どうせしたことないだろうな。
良かったなぁ、初めて犯られるのが俺達みたいなヤリチンのテクニシャンで」
と言い放ちながら自分のチンコを扱いていました。ほかの人も扱いていました。
「じゃ、俺から」とリーダーの人が、俺の足を広げて、硬くなった自分のチンコを俺のケツにあたってきました。
穴に唾を垂らすと腰を押さえられ、チンポをケツの穴に突っ込んできました。
激しい痛みで「ああっ 痛てぇよぉー」と泣き叫んでしまいました。
一気に奥まで入れられ、ものすごい勢いで腰を振りチンコを出し入れしていました。
泣いていると俺を殴ったヤンキーが「俺のチンコしゃぶれ」と無理矢理口の中に突っ込んできました。
ほかの2人もチンコ扱きながら俺を罵ったり、蹴飛ばしたりしました。
吉田を犯っていた人が「いくっ!」と叫び、吉田の中に出したようでした。
すると俺を蹴飛ばしていた2人が吉田を犯り始めました。
吉田を犯っていた人が「やっぱ初モンは最高だぜ」と言いながら汚れたチンコを
俺にしゃぶって綺麗にするように言い、口の中に入れてきました。
すごい勢いでケツを掘られていると、「いくっ、いくっ」と腰を思いっきり掴まれてチンコが奥まで入ると
ケツの中に精液を出せれ、暖かいモノが入ってくるのが解りました。
ケツを掘っていたヤンキーがチンポを引き抜くと、そのチンコを俺に咥えさせ、
俺を殴ったヤンキーの人ががすぐに入れてきましたが、最初の人よりもでかくて入りません。
すると俺はリーダーの人に何か薬らしき液体を飲ませられました。
だんだんぼうーとしてきたかと思うと、入らなかったヤンキーのチンコが徐々に進入してきました。
そしてもっと乱暴に激しく犯られました。
口の方は新しいヤンキーのチンポが目の前にあり替わりチンコを突っ込んできます。

さらにケツを掘るスピードが早くなっていって、2人目も俺の中にぶち。撒けました。
フェラをしていたヤンキーが口からチンポを引き抜くと、俺を仰向けにして、ケツにチンポを入れました。
待たされていたせいか、最初からすごく勢い良くケツを掘られました。
フェラでイきそうになっていたのか、そのヤンキーはすぐにケツの中でイってしまいました。
その間俺のチンコは小さいままでしたが、そのうちヤンキーの1人がが俺のチンポを扱いてきました。
俺はだんだん気持ちよくなって、チンコも大きくなり喘ぎ声を出してしまい、掘られながら
「出そうです」と言うか言わないかのうちに、精液を飛ばしてしまいした。
ケツを掘っていたヤンキーは「お前がイく時ケツがすごく締まって、それでイっちゃったよ」と言いました。
その後もチンポを入れられ、何度も口や穴の中に出されました。顔にもかけられました。
穴からはヤンキー達のドロドロ精液が溢れてきました。
気を取戻した吉田もだんだん気持ちよくなったのか犯されながら何度もイっていたようです
外が明るくなったころようやく終わり、開放されました。
関連記事


関連タグ : ホモ, いじめ, アナルセックス, フェラ, 中だし, 顔射,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する