> アクセスランキング

トイレでお宝発見記

ここでは、「トイレでお宝発見記」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

かつて、俺が通っていた中学には、運動場の一角にトイレがありました。
運動場から直接入れるトイレはそこだけだったので、体育の授業の前後など、それなりに利用者はいました。
ところで俺の場合は、そのトイレを初めて使ったのは、入学後、しばらく経ってからでした。

初めて入るトイレは、見慣れない分、ちょっとした中の構造にも興味を覚えるものです。
俺は、トイレ内の小便器をひと目見て、「これ、ちょっとヤバくね?」と心の中で思いました。
そう思った理由を書きます。

小便器は床置き型の、縦に長いタイプで、2台が横並びで設置されていました。
トイレ内が狭いこともあり、隣の小便器とはほとんど間隔がなく、おまけに間を仕切るものもありません。
その時体操服姿だった俺は、一方の小便器に近づくと、ジャージとブリーフを下ろして、用を足し始めました。




普段使っている、校舎内のトイレの小便器は壁掛け型で、胸のあたりまで便器に覆われるので安心感があり、
便器にくっつきさえすれば、小便中に、隣に見られる心配はありませんでした。
ところが、こっちの小便器は、床に接している分、便器の位置も低く、高さも80センチ程度。
試しに確認すると、ヘソのあたりまでしか覆うことができません。
これが俺にとっては、ミョーに気になりました。
なぜなら、その頃、俺ら中学生はみんな、小便器にくっついて用を足していたからです。
たとえ、仲の良い奴との連れションでも、大事な部分だけは見られないよう、細心の注意を払っていました。

気になった俺は、小便をしながら、視線を真下に向けました。
上から覗くと、便器は横から前に向かって、弧を描くようになっています。
そのため、ヘソの前だけ体と便器との間に隙間が開き、俺の視界には、隙間からチンコが見えます。
それは、壁掛け型の小便器でも同じですが、チンコの位置が奥深くなるので、本人以外にはまず見えません。
ところが、この小便器は、チンコから便器の最上部までが極めて近く、隣からでも余裕で覗けそうな感じでした。

これは自分的には大発見でした。
「気になるアイツのチンコをガン見できるかも…」
そう想像しただけで内心ニヤニヤでしたが、逆に考えると、俺のチンコも同時に覗かれる可能性が高いわけで、
羞恥心の強かった俺は、なかなかこのトイレを使う気にはなれませんでした。
次にこのトイレに入ったのは、しばらく経ってからです。

体育の授業前、突然尿意を催した俺は、遂にそのトイレに入りました。
扉を開けると先客が…。
その人は、3年生の、一度も話をしたことのない先輩でした。
ちょうどその頃から水泳授業が始まっていて、その先輩は海パン一丁で小便中。
小便器は2台しかないので、俺は遠慮せずに隣の小便器の前に立ちました。

俺は、いつものようにジャージをずり下げて、小便への準備にかかりましたが、
やっぱり隣の先輩が気になって、チラッと横を見たんです。
すると、隙間の中から、チン毛とチンコ(の半分だけですが)が丸見え!
先輩は、海パンをずり下げて放尿中なのが、隙間からはっきり見て取れました。
海パンを穿いたまま小便するには、上から下ろしてアレを出すか、横から捲って出すかしかありませんが、
海パンの締め付けがない分、下げたほうが用を足しやすいですから、先輩もそうしたのだと思います。
でも、横捲りなら見えないはずのチン毛が、ずり下げたばっかりに、俺には丸見え!!
そんなシチュエーションがたまらなく嬉しかったです。

まだ1年坊主で、生え始めだった俺と比べて、3年生である先輩のチン毛は、見事な密林でした。
でも、この先輩、俺が隣に来た後も、決して手で前を隠したりはしませんでした。
(おかげで、しっかり見ちゃったわけですが…)

便器の構造上、上からは隙間が出来て覗けるものの、横からだと、この先輩も、しっかり便器にくっつく体勢でした。
ですから、先輩としては、別に俺にチンコを覗かれてる意識はなく、これが普段通りだったのでしょう。
それゆえ、たとえ隣に俺が来ても、慌てて隠すという行為には至らなかったと。

この出来事以後、俺は頻繁にこのトイレに入るようになりました。

体育授業の前に、意味もなく運動場のトイレの前をうろつく俺は、獲物がトイレに入るのをこの目で確認すると、
後を追って、トイレに入ります。
俺も相手も、体操服を着用しています。

体操服は、上は白地に紺ライン丸首の半袖シャツ、下は紺色ジャージでした。
ジャージにはファスナーがないので、小便の際には下にずり下げるしかありません。
俺らはブリーフ世代なので、ブリーフも同じくずり下げるか、脇から引っ張り出すか、
あるいは前の穴から出すことになります。
もっとも、穴から器用に出し入れする人はいなかったと記憶します。
あの穴って、凄く使い難くて、正直、意味がないと思いますが…。

俺は、基本的にブリーフはずり下げる派でしたが、ここのトイレを使う場合、
隣に人がいる時に限っては、脇から出すようにしてました。
防衛本能というやつでしょうか。

俺は、ターゲットの隣で連れションをしながらも、常時、隣の隙間の中に探りを入れてました。
白状すれば、別に溜まってもいないのに、チンコ見たさで小便のふりをしてるだけ、という場合も多かったです。
でも、その時は、とにかく獲物を見付けると、演技してでも、至近距離からチンコを覗きたい願望が強かった。

そこまでしてもこの目で確かめたかった同年代のチンコでしたが、
実際にお宝を拝める確率というのは、実のところ、予想よりもずっと低かったです。
相手も、ここの小便器はチンコが見えやすいことを察知して、警戒するからです。

彼らの大半は、ジャージはずり下げるものの、ブリーフは下げずに脇からチンコを取り出すやり方でした。
これで、とりあえず、チン毛は(生えてない場合も)隠せます。
そして、取り出すのは、俺の立ってるのとは反対側の脇から。
俺の側の手でブリーフを引っ張りながら脇を広げて、もう一つの手で竿を握って放尿します。
引っ張ってる手と広げたブリーフの布のせいで、俺のほうにはチンチンは見えません。
小便器の上に隙間が開いていても、こんな感じで小便されるので、なかなか実物は拝めませんでした。
ところが、根気よく覗きを続けるうち、たまにはお宝に出くわすことも。
関連記事


関連タグ : ブリーフ, 小便,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する