> アクセスランキング

中学時代の体験談

ここでは、「中学時代の体験談」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

オレは中学3年。そしていつの間にかこっちの世界にいた。
きっかけはインターネットを回っていて興味をもってしまったからであろう。
そんな話しはおいといて、俺の3年間を振り返ってみようと思う。

オレは小学校から仲のよかった友達がいる。そうだな、Y・・吉田とでもしようか。吉田は頭がよく、人懐っこかった。よくうちにも遊びに来ていた。




いつもベッドの上で一緒にゲームをしていた。
そんなある日、その日はニンテンドーDSをやっていた。お互い横になってゲームをやっていて、いつもと変わらぬ日常だった。だけど、オレがゲームをしている間に吉田は眠ってしまったようだ。オレは冗談っぽくケツを触ってみたが、何もない。寝ているんだから当然なんだが、オレは調子にのってズボンの中に手を入れてみた。そして、気づいた。「こいつ、ブリーフだ」すごく興奮したオレはイタズラをはじめた。
ズボンを脱がし、パンツにしてみた。そして、股間に顔を当ててにおいをかいで見る。次第に抑えられなくなり、パンツも下ろした。少しイジってあったせいか、たっていた。そして、そいつを上に乗せる感じでオレのチンコと吉田のチンコが当たるようにしてみた。吉田の体重がチンコを通して、オレのチンコに刺激を与える。
オレは初めての快感を覚え、初めてイった。そのときは半透明で、すごく驚いたが、処理をして、吉田を起こし何事もなかったように帰した。

オレはあのときの快感が忘れられなかった。だけどどうしたらいいかわからなかった。シコるってのは知っていたけど、オレはたつと皮が短くなってシコりにくかったから、気持ちよくなる前にやめていた。だけどあるとき、小型のマッサージ器を当てているときに同じような感覚になった。はじめは驚いたけど、今では立派なオナ器具だ。今でもシコルよりメインのオナニーである。

その年の夏。隣に住む同い年のやつが遊びに来た。・・関だ。
関は野球部のキャッチャーだ。

はじめは別になんでもなかったんだけど、だんだん気になってきて、後ろから抱きつくようにチンコに手を当ててみた。
関はてれびを見ながら後ろに手を当て何かを探してるようだ。
そして、オレのチンコをもんできた。そんなに激しい感じじゃなかったけど、なにかまたテンションがあがった。
そして、午後にまた遊びに来た。今度はオレの部屋でベッドで漫画を読み出した。
オレは午前中のことが気になって、何も言わずにチンコをなでてみた。
そして、少しずつ勃起していくのがわかった。こんなことをしていると、だんだん興奮してくる。短パンの足の部分からパンツを触ってみる。漫画を読み続けている。俺は足元に座ってズボンの腰に手を当て、ズボンを下ろした。すると、関も腰を浮かせて、スムーズに脱げた。あとはチンコをイジって遊んだ。

それから関はたまに遊びに来ては漫画を読み出す。そして、オレもイジる。そんな日がたびたびあった。
その冬。ちょっとした停電で数時間。電気が使えなくなった。
そのとき、関はうちに遊びに来た。電気が使えなく、暖房が機能しないので「寒い」といいながらベッドで漫画を読んでいた。いつものように脱がした後、横を向いた。
そのシリに興味をそそられ、指を入れた。あんまり入らなかったけど、なでるだけで感じていた(?)と思う。そして、オレのものを入れてみようかと思ったけど
当然入らなかった。最後に初めてシコってみた。関は初めてらしく、半透明の精液をぶちまけた。そんな思いでもある。

オレはサッカー部に所属していて、1年の冬から生徒会役員でもあった。
そして、サッカー部の先輩にすごくかっこよくて、頭もいい、優しくて、サッカーもうまい先輩がいた。本間先輩はサッカー部の部長でもある。ただの憧れで、オレはサッカーが超下手だったからあまり声をかけることすらできず、結局何もできなかった。
2年の夏、そんなサッカー部の合宿があった。1年のときは事情があって参加できなかったが、今年からは参加できそうだ。
オレはすごく楽しみにしていた。本間先輩も来ると思っていたから。だけど、3年生は1人も参加しなかった。すごく残念だったけど、風呂で友達のチンコを目に焼き付けた。健太っていう背の高くて、そこそこかっこいいやつとか、青木っていう、同い年だけどちょっと小さくて強気なS(笑)
そして、就寝。オレの横は健太だった。

健太はそこそこかっこよくて、そのとき少し好みでもあった。
寝る前はうるさかった大部屋なのに、ふと目を覚ますとみんな寝静まっているようだった。オレは健太のケツをなでたりズボンからチンコを触ったりしていた。
そんなことをしているとエスカレートしていくのは当たり前でまたズボンの中に手を入れた。健太はボクサーパンツ。だったけど、その生地がすごく薄い。夏用なのかパンツのさわり心地がほとんどなく、揉むと脈打って勃起していくのがわかった。いつまでもそんなことしてられないので、気が済んだら眠りについた。
最初はばれたんじゃないかと不安だったが、次の日以降も健太はいつもと変わらぬ様子だった。

3年になった。3年はそんなに大きなことはなかったけど、オレは生徒会の選挙で当選し、局長というのになった。(対立候補がいなかったからだけど)
サッカー部のこの学年は仲がよく、学年で12人いるうち、10人でボウリングいったりするくらいだった。
その日は5人でスマブラをしていた。4人対戦だから、1人余る。一番負けたやつが交代という方法でやっていた。

そして、そのとき1番負けたのは青木だった。青木は交代っていうと、ヤダと笑顔で返した。「いやいや交代」とかいってコントローラーの取り合いになった。
青木は俺の手をつかむと、自分のマタの間で押さえつけた。オレは正直、もう少し力をかければ簡単に抜け出せるんだけど、股が温かく、とても興奮したので取れない振りをして手を上下させた。そしてわざとチンコのほうに向かっていくと「翔エッチ~」とかいった。オレはその言葉に惚れたのかもしれない。
しばらく、そんな格闘が続き、寝技っぽいのをくらった。だが、それはオレの頭の上に青木の腹。やべぇ。熱い。だけど出たくない。そう思いながら顔を下にずらしていく。そこでまた「エッチ。どこにいるんだよ~」「いや、お前がやったんじゃん」とか言いながらコントローラーをオレに返しちゃったことでプロレスは終わった。
それからオレは青木のことが気になってしょうがない。
いつもはイタズラな笑顔。でSな性格。そしてたまに見せる甘えた言葉。怒らせると心が傷つくくらい言われるけど、それでも数日たつとまた笑顔。
そんなツンとデレのギャップがまたいい。

それから青木と遊ぶことも増えた。桃太郎電鉄でオレはいっぱい負けるけど、そのたびによろこんで、笑顔をみせてくれる。負けてると負けず嫌いのため、本気でショげるか、突然電源を消す(笑えない・・)でもカワイイ。
オレは笑顔を見たいためにいろいろ頼みを聞いてやるから、なんか奴隷(とまではいかないけどパシり?)っぽく思ってるかもしれない。でもオレは笑顔を見れるのならそれでもいい。タクシー代わりにおんぶせがまれて断れないよ。密着できるんだもん。正直ペットになって舐めまわしたい。オレは根はSだからあっちをペットにして裸で鎖りつけて飼いたい。ミルク飲みたい?とかいって舐めさせたい。でも、ちょっと妄想だな。

今日、別の人におんぶしてもらって、後ろから別の人がカンチョーのつもりで指をケツにぐりぐりしてるのを見た。そのときにわざとっぽく「あん。あん」って言ってたのにかなり萌えた。というわけで、今の本命は青木だ。

さて、オレが生徒会だという話しはちょくちょくしてきた。
うちの学校には代議員っていう、生徒会とクラスをつなぐ委員会がある。これは連絡とかをクラスに伝えてもらう大切な委員会だ。
今年の1年生の代議員にかわいい子が2人入った。

代議員を自由に操れる立場。それを利用しようと思ったけど、そのうちの1人は本間先輩の同級生の弟だったからやめた。どういうネットワークになるかわからなかったから。
2人ともサッカー部の後輩でとてもかわいい。弟のほうはおとなしくて、クールでカッコカワイイ。おとなしいからレイプ気味に犯したかった。普通にしててもかわいいw
もう1人は小さくて声も変わってない。毛も生えてないらしく、すごく見たい。とにかく愛らしい。すこし生意気っぽいとかがあって強きだけど、すぐ勝てるw
シュートって名前だ。3年女子の1部からもカワイイって言う人もいる。
アンケートを生徒会室に提出しにきたとき俺が「なんの用ですか」「えっと、このアンケートを出しにきました。」って言ったときのしゃべり方がかわいかった。それからちょっと気になってる。


8月再びサッカー部の合宿があった。去年の3年生は参加しなかったが、本来、3年生も参加できるので12人中11人は合宿に参加した。風呂はいる時間は自由だったから青木とかシュートと時間が合わなかった。俺が上がるコロに青木が入る様子だった。

結局、見たい人のは見ることが出来なかった。
その夜、今年は保護者会主催で、顧問の先生も用事のためついていなかったので、自由だった。ゲームの持込も認められてたし、楽しかった。
DSでマリオカート8人対戦したり、わざわざ持参したゲームキューブでスマブラもした。1年とか関係なくあそんだ。
おれはそのときシュートには興味はなかったが、初めて一緒にゲームをした。
自分も持っているゲームらしく、勝ちまくっていた。
寝る時間はほとんどない状態で、ほとんど寝てる人がいなかった。てか寝れる状況じゃないw
そこで、新部長の駒ってやつとシュートといろいろはなしていた。
2人でシュートを(半性的に)いじめてたらシュートが「チンコたっちゃったよぉ」とかいって、「あ。イク」とかいったんだけど「なんて、イかねぇよ。毛も生えてないから」って言ってたのは印象深い。でも勃起してズボン越しに硬くて細長い感触は覚えてる。

次の日、確か眠気に襲われたのは3時で、現在6時前。普段8時間くらい寝てるオレにはキツい。とりあえず、友達と朝風呂サッカー部一番乗り。
ゆっくり時間かけてたら、ぞくぞく来る。そして、今回は青木が。

だけど、今年、青木はタオルでガードしていた。ガッカリしたけど、タオルがくっきり細長く出っ張っている。これには萌える。そして、冷水と温水の両方を味わうとかいって目の前で足広げてすわってるわけ。
なんていうかな。  温 境 冷 って感じのとこで境の部分に座って両方に足いれてるの。タオルが開いてチンコこそみえないものの、シリの境っぽいところがチラっと見えててもう最高。普通に見せるんじゃなくて、軽くじらしてるのかって感じ。
そんなこんなで合宿は終わった。本当は今年は健太じゃなくて青木を犯そうと思ったけど、青木は近くで寝てるのにみんな寝ないから実行できなかった。大部屋は楽しいけど、それはちょっと嫌だったな。

話題変わって生徒会長。これはそんなにエロイことはないんだけど、
会長はちょっとかわいい系の顔してて、5月に彼女が出来てデレデレw
そんなデレデレしてるのをいじるのが楽しい。いじりすぎるとテンション下がって、かわいいw
くすぐりに弱く、みんなで襲ったこともある。「ぁあ、やめ・・あー」って叫んでおもしろかった。オレ青木以外にはドがつくほどのSだからw

くすぐりといえば、青木もくすぐりに弱いことに最近気づき、じゃれるときの手段としてくすぐっている。またかわいんだよ。コレが。

クラス替えから2年近く遊んでいなかった吉田と最近2人で遊び、また2年ぶりに犯してみた。「寝ていい?」っていう質問して許可すると1人で2階上がって俺の部屋へ。俺が部屋に行くと、布団かぶって目をつむっている。だけど、心臓はバクバク言ってるし、チンコはびんびんwなんでだろうなーww
しこってやると、すぐにすごい量の精子を出した。たぶん、マジメだからオナニーをしてなかったんだろう。そして、オレも初めてフェラをしたくなった。でも少し抵抗があったから相変わらずのブリーフを舐めた。布の舌触りだったけど、感じてるみたいで、オレも興奮してパンツを少し下ろし、飛び出したチンコの側面を舐めた。また、いっぱい出た。吉田は薄目をあけて感じていた。
・・寝ているはずなんだけど(笑)

関が最後に来たときにはマッサージ器を当ててイかせてみた。これまたイったねw
やるまえから、マンガ読みながら「ハァ・・ハァ・・」ってちょっと呼吸が荒いし、触るとすでに勃起してるからね。次はいつ来るかなw

青木はこの間、サッカーのユニフォーム着たとき、ハミチンしてたしw
大きい袋。そしてほくろがあるw  竿もそこそこあるはず。生でみたいな。

代議員はオレが生徒会引退したからあんま関わりなくなってしまったけど、シュートとはまだ話すからね。コラ。そんな愛らしい顔で手を振るな。ったく。ホントに中学生か?っておもうよ。と、この間の朝会で思った。


そんな中学校生活ももうすぐ終わり。高校で、いい人にあえるかな。そして、本間先輩、後輩には誰にもどこの高校いったか教えてくれなかったけど、本間先輩がいる高校にいけるかな。
関連記事


関連タグ : ホモ, 射精, 先輩後輩, ブリーフ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する