> アクセスランキング

野球部の先輩と

ここでは、「野球部の先輩と」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

僕の名前は小谷実(こたにみのる)。公立高校の受験に失敗して私立高校に行くことになった。スポーツに力を入れてる男子校で筋肉質な体や体格のいい子は好きだったけど自分がちっちゃくて運動神経が悪いからいじめられないか不安だった。(162*43でした。)
学校が始まってそこそこ友達も出来て1週間ほど過ごした。

それから部活見学があってやっぱりみんな入るみたいで僕は野球部のマネージャーがやりたかったけど好んでマネージャーをやりたいって言ったら変人だと思われると思って誰にも言えなかった。






入部シーズンが終わり、結局僕はどこにも入らなかった。けど野球部の隼人に漏らしてしまった。
隼人は1年が雑用とかさせられるからしてくれると有難いと半ば強制的に野球部の顧問の三宅先生の元へと連れていかれた。先生も良い体格の持ち主で顔もかっこいい。まだまだ若くて体育倉庫とかで…なんて勝手に1人で想像してる間に、
先生「じゃあそういうことで。」
といって忙しそうに去っていった。
隼人に聞くと今日見学だけでも来てみなさい。放課後私のところに。ということだった。

その日の放課後、三宅先生の元に行くと
先生「おぅ、来たか。駐車場の端においてるワゴン俺のだからそこで待っといて」と言われ荷物もって靴をはきかえて駐車場で2・3分程待ったら先生が現れた。あんなかっこいい先生とふたりきりって緊張する!!って思ってたら40代後半くらいの違う顧問と思われる先生も一緒だった。
お待たせと言って乗り込み15分で野球部専用グランドに着いた(さすが私立!)
毎日ほぼ定例時にミーティングしているらしく、行ったら全員が綺麗に整列して待っていた。

三宅先生が軽く喋った後、
三宅「それと、今日から新しく入るマネージャーの小谷だ。いろいろ教えてあげるように。」
僕は入ると断言されてえっ?って視線を先生に送ったが先生は笑顔で早く挨拶しなさい的な視線を僕に送ってきた。しかたなく
小谷「今日から入ることになりました小谷実です。精一杯みんなを支えていくのでお願いします。」
と平凡な挨拶をすました。部員は僕の目には歓迎してくれてるように映ってました(笑)

ミーティングの後、2こ上で部長の湧士先輩がいろいろ教えてくれた。湧士先輩もこれまたかっこいい´ω`身長は175以上?ユニフォームの上からの筋肉の具合も素敵でした。
まず部室案内されて、僕に棚を割り振ってくれてそこに荷物を入れてちょっと沈黙。
先輩「あ、今日なんか着替えもってきとう?」
小谷「ないです…先生に強制的につれてこられたんで(汗)」
先輩「三宅か!あの人悪気があるわけじゃないねん。天然なだけやねん(笑)。はい、これ先輩の遺物やけど制服汚れるよりましやろ。」ってトレーナーのような物とジャージを渡され着替えてみた。
予想どおりどっちもぶかぶかで下に至っては手で押さえないと落ちるくらいで端をゴムで縛ってなんとかしのいだ。
先輩「なんか着方が女子みたいやな(笑)」
小谷「おちょくらないでくださいよ(照)」
先輩「体も小柄やし足折れそうやもん(笑)体重いくつくらいなん?」
小谷「えーっと…43くらいです。」
先輩「43!?男ならもっと太らな!」って急にお姫様抱っこされてこっちもびっくり…
先輩「うわ、ほんまに軽い(笑)病的やな~(笑)」
っていってる間も抱っこされっぱなしで顔も近くて恥ずかしい…
やっと下ろしてもらって
先輩「顔真っ赤やで。ゲイかっ!」って突っ込まれて
小谷「ち、違いますよ。シャイなだけです。」ってちょっときょどってしまった。
先輩「はいはい、じゃあ次いくよ」って部室から繋がってるドアを先輩があけて入ってくとちょっと狭めの空間にすのこが敷かれてて洗濯機が置いてありさらに奥にドアがあって先輩はまた進んでいった。そこはシャワーが20こぐらいぶわーって区切られて並んでる。カーテンがついてるとこは4つ位しかなくてみんな丸出しなんだと思うと興奮した。
先輩「まぁ見ればわかると思うけどここシャワールームね。ここでお願いしたいのは掃除と排水溝の毛の処理。みんな坊主ばっかなのにやたらたまるんだよね、毛が。(笑)いやな毛やけど処理おねがいね」って先輩は申し訳なさそうに手をあわせてお願いしてきた。
小谷「あ、構いませんよ!家のお風呂とかでも自分でやったりしてるので(笑)」
先輩「そっか、それはよかった」

で、またトイレの掃除とか野球用具のしまってある場所を教えてもらったりして先輩は練習に戻っていった。それからなにをすればいいのか考えて部室が少し散らかってるから片付け始めた。
本棚が荒れててそこを片付けてたら古い大会の記録や写真やらいっぱい出てきて写真でかっこいい人探したり1人できゃーきゃー言ってた(笑)

同じ本棚から20リットル以上はいりそうなウォータークーラーが出てきてマネージャーっぽい!って思って使おうと思ったら凄いホコリ(汗)
先生に断ってから近くのスーパーに走ってお茶っぱやら布巾やらこれから入りそうなものを買ってどうしても早く飲ませたかったからまたダッシュ!
眠ってたプラスチックのコップも一通り洗って冷水機から満杯に水を入れ外にもってった。
ちょうどいいところに机があったから乗せようと思ったけど重すぎて上がらない(汗)
1人で苦闘してると急にひょいって上がってのった。
後ろを振り向くと湧士先輩が覆いかぶさる感じでもってくれたみたいだった。
小谷「あ、ありがとうございます!」
先輩「これくらい持てな(笑)んま、これありがとな」
って照れながら言ってくれた。
小谷「へへっ。これでもマネージャーですから(笑)」って誇らしく返事をした。
ちょうど水分補給の時みたいでむんなが来ていっぱい飲んでくれてそれで満足(笑)

それからまた片付けたりしてその日の部活はあっという間に終わった。
終わるときにまた先生の話があってすぐ終わりみんなでぞろぞろ部室に。
ちょっと綺麗になった部室をみんながわぁわぁ誉めてくれて上機嫌♪
そしてシャワー浴びる人は真っ裸になったりで本能的に見たらたつだろうなって思って見ないように上級生があがるのを待ってるタメの子達と喋ってた。
1年もシャワーを浴びだして退屈というかまだパン一でうろうろしてる先輩とかいて興奮しちゃいそうだったからウォータークーラーを外の足が洗えるような水道に洗いにいった。

1人でコップもたくさんあったから時間がかかってその間に先輩や友達がお疲れさまって帰ってしまった。

ようやく洗いおわって部室に入ると誰もいなかった。
鍵をどうすればいいのかわからなくてあたふたして急いで部長に電話しようとしたら湧士先輩が汗だくで部室に入ってきた。しかもユニフォームのまま。
1人で自主練してたみたい。
先輩「お。遅くまでご苦労様」
小谷「あれ、先輩帰ってなかったんですね!よかった。」
先輩「ん?何が?」
小谷「みんな帰っちゃったと思ったから鍵どうすればいいのかなって思ってテンパってました(汗)」
先輩「あぁ、鍵ね。俺んち学校の近くやからいつも帰りにおれがもってっとうねん。」
小谷「あ、そうなんですか♪鍵もマネージャーの仕事かと思って焦りましたよ(笑)」
先輩「さすがにそこまでさせへんて(笑)」
小谷「でも今日からタオル洗ってくれって…(苦笑)」
先輩「あいつらこき使うな~(笑)面倒やけど頑張って(笑)あ、俺いつも遅いから持って帰ってあらっとうから洗濯機もう回してええで」
っていってとっとこユニフォームを脱ぎ始めた。これはまずい!って思って洗濯機に。蓋に使い方が書いた紙がはってあって困らなかったけど洗剤の場所がわからなくて
小谷「先輩~、洗剤ってどこにあるんですか?」
ってドアをあけながら聞くと既に全裸状態で自分の棚をあさってた。こっちを向いた先輩の体は肉体美の完成型と言えるような肩も腕も足も綺麗で且つマッチョ。さらに自分好みの適度な胸筋、綺麗に割れてる腹筋。そしてたくさん生えてる陰毛。たくましそうな肉棒(別に立ってたわけじゃなくて)。みてしまった!って思ってそのままドアをしめてしまった。先輩がなにか言ってるのが聞こえたけどドキドキして聞き取れなかった。ドアにもたれながら放心状態…
すぐにドアをあけられてバランス崩して倒れそうになった。
先輩におっとってキャッチされてもっとドキドキ…
先輩「おーい、大丈夫か(笑)?」
小谷「あ、大丈夫です大丈夫です…」ドキドキしすぎでめちゃくちゃな返事しか出来なかった。
ゆっくり自立し、怪しいぐらい正面の先輩を見ないようにしてた。
先輩「何で隠れたの(笑)?」
小谷「あ…その…裸見てしまったから…先輩に申し訳なくて…」
先輩「別にきにせんよ、俺たち。そんなこと言ってたらみんなシャワー浴びれないやん(笑)男なんやし裸の付き合いやって(笑)で、はじめなんか言った?」
小谷「あ、洗濯機の洗剤どこにあるのかなーって…」
先輩「あぁ、洗剤ね。洗濯機の上の棚においてあんで。」
って言って洗剤を取り出してくれた。

そのまま先輩はシャワーを浴びに入っていった。
僕は洗濯しはじめてまだ覚めずにぼーっとしていた。
ちょっとしてから先輩に呼ばれる声が聞こえてシャワールームを覗いた。
先輩「悪い。タオル持ってきて。部室の白い引き出しに入ってるバスタオル」
っていわれてとってから手渡してすぐに出ようとした。

不意に抱きつかれた。
先輩がまだびしょびしょに濡れていたのでいろいろ濡れた。でもそれ以上に状況が全く理解できなくて僕は固まった。
先輩「小谷…お前可愛いな。ぐちゃぐちゃにしたい。好き…」
小谷「先輩…?ちょっと…急にどうしたんですか?(汗)」
先輩「ごめん、変なこと言って。俺きもいな。ほんまごめん。忘れて。」
そういって僕を放して行こうとした。
小谷「僕、嬉しいです。僕も……先輩のこと…好きです。」

そう言ったら先輩はくるって回ってこっちに向かってきてキスをした。好きな人となんて持ってのほか、異性も同性ともしたことなかった。口の中をかき回ように舌で攻めてくる。けどどうすればいいかわからなかった(笑)。そしていつのまにか膀胱あたりを何か硬いものが押してきていた。
小谷「先輩…元気ですね…?」
ってしっかり先輩をみつめたままいきりたっている男性器を弄んだ。
小谷「先輩って…ゲイなんですか…?それともバイ?」
先輩「いや、俺は普通。のつもりやってんけどなぁ…。男子校で男に揉まれる間にどうかしちゃったんかな(笑)でも小谷見たときなんかびびって感じるものがあったというか、な(照)」

また先輩にキスされた。そのまままた抱っこされてとっとこ部室に連れてかれた。下ろされて先輩は長椅子に座って僕は床。元気な肉棒は僕の方向を向いていて、ハイハイでちょっと進んで目の前に太くて黒い立派なペニスが。先輩は股を少し開いて僕がもっとしやすいようにした。
今まで好きな子はたくさんいたけど性的な行動にでるのは一度もやったことがなかったので一応断ってからしゃぶりついた。口よりちょっと小さいぐらいで大変…

さきを舐めたり色々試したけど先輩はあんまりって感じだった。ときおり低くやらしい喘ぎをしてめちゃくちゃエロい。
痺れをきらしてか先輩が急に僕の頭をわしづかみにして安定させ、やらしく激しく口を突いてきた。クールっぽい先輩で普段はとても優しい先輩だけどHの時はSというか暴走して腰を僕の顔に突いて突いて。苦しいような嬉しいような不思議な気分だった。
目を閉じながら腰を振っていた先輩が、急に止まって
先輩「ぁ…つい夢中で…。ごめん。苦しくなかった?」
って僕をいたわってくれた。
小谷「ちょっと苦しかった、、、でもどMやから興奮しました//それより僕のテクニックがないばっかりに…」
先輩「はじめてなんやろ?ならしょうがないんちゃう?」って優しく言ってくれた。
今度は僕からキスを求めた。またいっぱい舌を絡ませたり内側を舐めてきたり。
先輩の膝に向き合って乗る感じでしていたら先輩の手がブカブカのジャージの中に…そしてパンツの中に入っていきアナル付近を押したり撫でたりしてきた。
先輩「ケツ毛ないね(笑)処理してるの?」
小谷「いやぁ、生えてませんよ!因みに脇も…。成長おそいのかな…」
先輩「女の子は成長はやいはずなのになぁ?(笑)」
小谷「先輩のバカっ!」って頭を軽く叩いた。

2、3分くらい同じ体勢のまま先輩の男根弄ってたり筋肉触ったりしてた。まだお尻を弄ってくるから
小谷「先輩、いれたいんですか…?」ってきいてみた。
先輩は黙って頷いた。
僕はアナニーすらしたことなかったからかなり迷ったけど今まで処女の子と1回しただけって言うからOKしちゃった。

床に正常位の格好にさせられてまずは一本…って思ってたらいきなりお尻に下半身をくっつけてきてアナルに思いっきりペニスをあてがっている。
小谷「先輩!ちょいまち!絶対入りません(汗)」
先輩「え…どうすんの?」
小谷「指とかで慣らしてからじゃないと…(汗)」
先輩「そうなんやー。ごめん(笑)」

先輩に舐めてもらったり指を入れたりして(っていっても1本分だけど…)肛門が緩んだ。
先輩がはやく入れたそうだったのでほぼ無理矢理強行。
お尻から何か入ってくる。初めての感覚。物凄い痛い(笑)。
でもまだ3分の1くらいしか入ってなくて。
どんどん僕を侵食していく先輩。無言のままほぼ挿入完了。
僕はいたがってる顔をしてるつもりだったのに先輩はきもちいいって顔と勘違いしてるみたいで
先輩「いっぱい気持ち良くしてやるからな?」っていって抜き始めた。

そっからゆっくり…次第に速く先輩のペニスが僕を突く。
後は痛いのを我慢するだけだと思ってたけどいつのまにかほとんど痛くなくなってて快楽を覚えた。

小谷「先…ぱ……い………もっと…突い…て…」
先輩「こんなに…可愛いのに………淫乱…やなぁ…」

先輩の玉が体にあたっていやらしい音が部室内に響く。

小谷「ぁっ…いきそう……あっ…あっ…」僕は自分のお腹に出してしまった。
先輩はまだ夢中で腰を振り続けている。
自分はもう絶頂を迎えたのにさらに快楽が続いて頭がどうにかなりそうだった。それから5分もしないうちに。
先輩「あ…いきそ………どこに………出してほし……い?」
僕は喋れない状態でお腹をジェスチャーで伝えた。

先輩「………………あっ……いっ…………………いく……………」

2、3度僕を深く突いて先輩は止まった。
ふたりともハァハァ言いながら抱き合ってキスした。
僕のお腹のザーメンが先輩にもついてしまったのでそのままシャワーに。
関連記事


関連タグ : ホモ, アナルセックス,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する