> アクセスランキング

公衆の面前で着替える球児たち

ここでは、「公衆の面前で着替える球児たち」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

先日、職場の花見の幹事役を命じられ、午後から某公園へ場所取りに行って来ました。
朝から場所を取っていた先発隊との交代で、先発隊が取っていた場所は野球グランドの横。天気のいい日で、入れ替わり立ち替わりいろんなグループが利用しています。

午後3時頃だったか、うつらうつらしていたところ、若々しい歓声で目が覚め、ふと野球場を見ると、中学生の部活練習が始まった模様。スマートな坊主頭の少年達が元気に練習しているのを見て、退屈な場所取りの時間もあっという間に過ぎていきました。




5時30分ころ、どうやら練習終了。後片付けが始まりました。少年達は泥だらけのユニフォームを着ていたので、「そのまま電車で帰るのかな?」と思っていたところ、少年達が私の近くへ移動してきました。

「なにが始まるのだろう?」と見ていると、期待通り少年達はユニフォームを脱いで着替え開始。贅肉の付いていない、しまった体の美しいこと。突然の幸運に、花見の幹事を命じた上司に感謝(笑)。

そして、次第にユニフォームのズボンを脱ぎ始めました。
「あのおとなしそうな子はブリーフをはいてるかな?」などと、勝手に下着当てをしていましたが、残念なことにブリーフ着用者はゼロ。やはり青空着替えではブリーフ着用もためらわれるのでしょうか。

その代わり、トランクス型のサポーター?をはいてる子は数名いて、ぴっちりとしたサポーターに少年のシンボルが浮き上がっているのは確認できました。サポーターは白色で、股間のところに若草の黒い影が見えているのも絶品です。

着替えている少年達は、「公衆の面前で恥ずかしいかな」と思っていましたが、どうやら慣れっこのようで、パンツ1枚の状態で小高いところにあがったり、スパイクの泥を落としたり堂々としています。他の部員達と、ちょっとしたつかみ合いもしているようでした。

ほんの短い時間でしたが、詰め襟の学生服に着替え終わった中学生が帰っていく後ろ姿を見て、退屈な午後を満足させてくれたことに感謝しました。
関連記事


関連タグ : 露出,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する