> アクセスランキング

中学生の弟を奴隷に

ここでは、「中学生の弟を奴隷に」 に関する記事を紹介しています。
Popular Posts

俺の弟はとにかく生意気だ。
兄貴の俺に平気で物を投げつけたりしてくる凶暴性の塊みたいな奴だが、ルックスはそこそこ優れている。
中性的な顔立ちでクラスメートからは女よりも可愛いと絶賛され、中学生の分際で彼女持ちだ。
生意気な割には文武両道で親は文句も言わずに弟を褒めまくっている。
対照的に兄貴の俺は勉強もスポーツも平凡。
通信簿がオール5の何の特徴も無い学生だが、1つだけ弟に勝っている部分がある。

それはゲイのS友人だ。とにかく変態野郎で日頃から「イケメンとやりてえ」と呟いており、絶好の機会だと思った俺は実の弟を紹介した。




弟のフェイスブックアイコンを見せただけで合格点を貰ったので直ぐに作戦を決行した。
SNSでネカマをしている友人が弟に近づいて猛アタック。
下ネタと色気を使っただけで簡単に会う約束にこぎつけたらしい。
さすがは思春期の男。どんなに頭が良くても性欲には勝てないようだ。

まんまと友人のテクニックに騙された弟はあえなく捕まって全身緊縛されて目隠しと猿轡を付けられる。
友人はラインのビデオチャットを起動して、弟が調教される様を見せてきた。
まだチンポに毛も生えていない未熟なチンポをローションで亀頭責めしながら全身愛撫。
弟がイキそうになる絶妙のタイミングで寸止めをして中々射精させない。
友人の調教術は想像以上だった。さすがにアナル洗浄と拡張のシーンは見れなかったものの、
手慣れた手つきで弟の白い肌に指と舌を這わせていたのを鮮明に覚えている。

1時間近く見入っていると突然友人が動き出して猿轡と目隠しを外した。
弟の頬はすっかりピンク色に染まって口から涎を垂らしていた。
思春期のガキはやっぱり性的快感に弱いんだなとスマホ越しにも伝わってくる。
そして友人は次に、目の前の涎塗れの口を開けてチンポを突っ込んで頬を平手打ちした。

「しゃぶれよ」

そう言うが、弟は首を横に振っていた。
抵抗心は未だに残っているようだが、1時間に及ぶ調教でグッタリしているようだ。
体力的にも限界の弟になすすべもなく、あっけなく強制イラマチオを食らっていた。
チンポが喉奥に当たる音が大音量で聞こえてきて、弟の美顔が崩壊していく様にも満足感を得た
。あれだけ生意気だったクソガキが変態野郎に捕まって調教されている。
俺は心の中で(もっとやれ!)と叫び続けた。
すると願いは叶ったらしく、可愛らしい顔に向かってザーメンが発射された。
大量の濃い精液が飛び散って美しい顔が白く汚れている。
弟が顔射される場面を生中継で目撃して凄まじい征服感が全身に登り、しばらく鳥肌が止まらなかった。

喜ばしいことに調教はまだ続いてる。
ぶっかけイラマチオで放心状態の弟に拘束はいらないと判断したらしく、縄を解いて弟を仰向けにさせた。
顔面にザーメンが乗ったまま調教が再開して今度はアナルを中心に責めていた。
時間が経過する度に指が1本、2本、3本と入るようになって、
ついに5本の指が肛門に吸い寄せられる。
中で何が起こっているのかは知らないが凄まじい快感なのは分かる。
弟は声変わりしていない高い声で
悲鳴を上げながら腰を浮かせていた。

「ああああああ!ああああああ!ああんんんんんんん!!やめでええ、おがしくなるうううううう!」

友人はチンポをシゴきながら前立腺もぐちゃぐちゃに責めまくる。
次第に弟のチンポからは精液と小便の混じった液体が噴射して勢いのあまり、
弟の顔に飛び散った。あんなに美しい顔がザーメンと小便塗れになるとは夢にも思わなかった。
絶頂失禁と共に弟の喘ぎ声は収まって調教も終わりを迎えるなど大間違いだ。
友人には1週間たっぷり調教してくれと頼んで、親には部活の遠征で1週間帰らないことを告げた。
本当は夏休みで部活が長期間休みなので先生に疑われる心配もない。

この1週間は人生で最も充実していた気がする。
強気な弟が調教される様をラインビデオやメールで送られてくる画像で確認した。
今ではスマホの画像フォルダは弟の卑猥な写真と動画で埋め尽くされている。
1週間が経過した頃には完璧な性奴隷に完成されていて、友人宅を訪問した際は首輪に繋がれて四つん這いで歩いていた。
絶望した顔で俺を見上げてきて逃げようとしたので足を掴み、最後の調教をしてやった。
その名も、友人と俺が二人がかりで弟を調教する大作戦。
弟の柔らかい肌をこれでもかと舐めまくって指を使って乳首を捻り上げる。
弟はあえなく嬌声を上げてエロエロモードに突入していた。
実の弟と言っても、そこらの女よりも可愛い美少年だからキスにも抵抗はなく、ベロちゅうしてやった。
向こうも満更でも無いようで積極的に舌を絡めてくる。
前までの弟だったら絶対に「キモイ!」と言われて殴られるだろうが、今は違う。
あんなに敵対心剥き出しだった兄貴とも平気な顔でディープキスする淫乱野郎に様変わりしちまった。
俺はますます興奮してきて、チンポを弟の顔に近づけた。そしたらあいつ……
素直に咥えてしゃぶってきた。上目づかいで竿と金玉もねぶってくるし、童貞の俺は爆発寸前だった。
それでもどうにか弟のフェラテクに耐えてお待ちかねの合体だ。
友人は何度もケツを使ったから今回は口で我慢してやると言ってきたので、遠慮なく弟のアナルに生チンポを挿入してかき回してやった。
正常位の姿勢で部屋中にパンパンパンと音を立てながら腰を振ってたら、

「あああんんん!ありがとうございます!お兄様あああああああんん!」

と嬉し涙を流しながらヨガリ狂っていた。
それもその筈だ。こいつは昨日から射精禁止されてチンポもお預けにされていた。
それがセックス奴隷にはどれだけ辛かったかは弟を見れば一目瞭然だった。

「うるせえんだよ雌野郎。これでも咥えて黙ってろ」

上下の口を塞がれた弟は全身を躍動しながら白目を剥いている。
弟のアクメ顔を生で拝見してついに絶頂を迎えた。少々もったいなかった気がするが、
これからいつでも弟を使ってセックスが可能だから問題ない。
実際に弟は忠実な性奴隷となって俺の性欲を処理してくれる便利な道具となってくれた。
古今東西、俺の汚いザーメンを笑顔で受け止めてくれる奴はこいつだけだろうな。
関連記事


関連タグ : 射精, アナルセックス, ホモ, メスイキ, 射精管理, イマラチオ, 兄弟,

コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/04/22(日) 14:44 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する